BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ハッシュ!」 2002

ハッシュ! [DVD]

★★★★★

 

 他人と距離を取り、どこか投げやりな人生を送っていた女が、医者の一言で人生について考え始め、傘を貸してくれたゲイのカップルの一人に、子供が欲しいと持ちかける。

 

 女には彼女の望みを叶えてくれそうな若い男が近くにいたのに、なぜゲイのカップルを選んだのかいまいちよく分からないし、どれだけ本気なのか、その真意はよく分からないのだが、三人の不思議な関係がスタートする。

 

 最初はどことなくギクシャクしていた関係が、共に行動し、互いに色々と言葉を交わすことで、なんだかんだで良い関係になっていく過程は微笑ましい。その中で、彼らが今まで期待していなかった事、諦めていた事、無いものとしていた事を求めるようになり、それぞれの心に前向きな希望のようなものが兆し始めている。

 

 基本的にはコミカルなシーンも多いのだが、やはり親や家族の問題など重苦しくなる話題もある。特にゲイのカップルの互いの家族が集結して話し合いをするシーンなんて、居たたまれない気分になった。だけど、どこかで笑ってしまいそうな自分もいて、それはそんな中にもコミカルな瞬間が差し込まれているからなのだが、現実世界では、ここまではコミカル、ここからシリアスに、なんて事は当然なくて、どんなシーンにでもそれらが混在しているってことなんだよなって思い知らされる。

 

 ゲイのカップルの一人が、若い女の子に一方的に言いよられて断りきれないのを、カップルのもう一人が見兼ねて強引に引き離そうとして、ぐだぐだともみ合うシーンがあるのだが、もうこの辺りではてらうことなくケタケタと笑ってしまっていた。当事者たちは三者三様に大真面目なのだが、第三者から見るとただただ滑稽でしかないっていうのも、また別の真理だなと。

 

 カップルを演じる田辺誠一高橋和也のわざとらしくない自然な演技も良かったし、メイン以外の登場人物たちも魅力的。そして、故郷で兄と夜中にしみじみと会話するシーンや、カップルで女の様子を見るためにアパートを訪れ、全然出てこないので部屋の前で二人で女に呼びかけるシーンなど、何気ないのに心を揺さぶられるシーンも多かった。

 

 どんな形であれ、幸福に暮らしてくれるのであれば、なんだって良いんだよと、優しい気持ちになれる映画だった。

 

監督/脚本/原作 橋口亮輔

 

出演 田辺誠一高橋和也片岡礼子冨士眞奈美光石研秋野暢子/つぐみ/斉藤洋介/深浦加奈子/寺田農岩松了山中聡佐藤二朗飯沼誠司

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 ボビー・マクファーリン

 

ハッシュ! [DVD]

ハッシュ! [DVD]

 

ハッシュ! - Wikipedia

ハッシュ! | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com