BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブレイブ ワン」 2007

ブレイブ ワン(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 散歩中に暴漢に襲われ、恋人を失い自身も重傷を負った女性は、護身用に銃を手に入れる。 

 

感想

 事件に巻き込まれた女性が護身用に銃を手に入れたことから、次第に自ら悪を成敗する人間へと変容していく。ただ彼女はたまたま事件に遭遇し、銃で対応したことからそんなことになっていった。しかし、普通に生活しているだけで、こんなにも事件に遭遇するなんて、ニューヨークはなんて治安が悪いんだ、と思ってしまうが。

 

 そしてやはり銃は持つべきではないな、と思ってしまう。電車で起きた事件が分かりやすいが、他の乗客のように厄介ごとを避けて電車を降りていれば何も起こらなかった。なのに彼女は銃を持っている、という変な自信からその場に残り事件が起きてしまった。銃があることで揉め事は大きくなっていく。傍若無人な若者を野放しにするのは癪に障るという気持ちも理解できないわけではないが。

 

 

 次第に自ら事件の場に近づいていくことになる主人公。次第に彼女の行動が警察に代わり悪を成敗するという性格に代わっていく。ただこれも、私刑は良くないなという結論に行きつくだけ。個人の正義感など人それぞれなので、皆がそれに基づいて私刑をしていたら地球上に人類はいなくなってしまう。主人公は家出少女を助けようとして逆に重傷を負わせてしまっているし、他人に迷惑かけることも多くなるだろうし。ただこの辺りは、映画の中で既に言及されている。

 

 自身が襲われた事件の容疑者を警察が見つけるも、主人公は嘘の証言をして釈放させ、自ら復讐を果たそうとする。これはかなり終盤なのだが、それまでなぜ主人公はまず自身と恋人を襲った犯人を捜そうとしなかったのかが、ずっと疑問だった。他の事件に首を突っ込んでいるヒマがあったら、まずそれをするべきだった。

 

 そしてついにその復讐を果たせるという瞬間に、知り合いの刑事に割り込まれた主人公。法を守るべきか、個人的な感情を満足させるべきか、という事なのだが、散々やり尽くされているテーマなので、今さらどちらを取っても陳腐さを感じてしまうのは否めない。これをやるなら何か突き抜けたものやプラスアルファがないと駄目なのかもしれない。

 

 法は守らなければいけないのかもしれないが、犯罪の被害者になった途端に、犯人を許せと聖人君子になることを強いられるのはたまらないな、とは思う。

 

スタッフ/キャスト

監督 ニール・ジョーダン

 

製作総指揮/出演 ジョディ・フォスター

 

出演 テレンス・ハワード/ナヴィーン・アンドリュース/ナヴィーン・アンドリュース/メアリー・スティーンバージェン/ジェーン・アダムス

 

ブレイブ ワン(字幕版)

ブレイブ ワン(字幕版)

 

ブレイブ ワン - Wikipedia

ブレイブワン(R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com