BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ベイビー・ドライバー」 2017

ベイビー・ドライバー (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 持病の耳鳴り対策として常に音楽を聴いている犯罪組織の凄腕ドライバー。

 

感想

 幼い頃の事故の後遺症である耳鳴りをかき消すために常に音楽を聴いている主人公。そのため映画も音楽が常に鳴り響き、それに合わせて物事が展開していく。特にオープニングでいきなり始まる、音楽に合わせて進行する銀行強盗の一連のシーンは、インパクトがあってぐっと物語に引き込まれた。これはかつて監督が手掛けたミュージックビデオのアイデアを発展させたものらしい。

www.youtube.com

 

 それから銃撃戦ももちろん音楽に合わせて行われている。普通は予想外に発砲したりするから面白いのだが、この映画では音楽に乗せて発砲するのであらかじめなんとなく予想出来てしまう。だけど興醒めすることはなく、かえってそれが心地よく感じてしまうのは不思議な感覚だ。視覚的にも音楽を楽しんでいるような気分だ。

 

 そんな一連の映像は面白いのだが、ストーリーとしては若干消化不良に感じてしまうところがある。ジェイミー・フォックス演じる凶悪な男の身勝手な振る舞いに対しては皆基本的にスルーしていたのに、なぜか主人公のちょっとした不審な行動には皆が一丸となって責め立てていたのは納得がいかなかった。主人公の音楽を聴いてばかりであまり人と関わろうとしない態度が皆の反感を買っていたのかもしれないが。それから、仲間割れで敵対することになる相手は、ジェイミー・フォックス演じる男の方が良かったような気もするのだが、彼はただの傍若無人な男なので逆にベタ過ぎると踏んだのだろうか。

 

 

 時おり交えられるユーモアや後に主人公を窮地に陥れる変な趣味に興じるシーンも面白く、純粋に楽しめる娯楽映画だ。スバル、トヨタ、三菱と、序盤はなぜか日本車の登場率が高いのもなんだかちょっと嬉しい。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本/製作総指揮 エドガー・ライト

 

出演 アンセル・エルゴート/ケヴィン・スペイシー/リリー・ジェームズ/エイザ・ゴンザレス/ジョン・ハム/ジョン・バーンサル/フリー/スカイ・フェレイラ/ビッグ・ボーイ/ポール・ウィリアムズ/ジョン・スペンサー/(声)ウォルター・ヒル

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 スティーヴン・プライス

 

ベイビー・ドライバー (字幕版)

ベイビー・ドライバー (字幕版)

  • アンセル・エルゴート
Amazon

ベイビー・ドライバー - Wikipedia

 

 

関連する作品

監督が参照した作品

bookcites.hatenadiary.com

アメリカン・グラフィティ (字幕版)

アメリカン・グラフィティ (字幕版)

  • リチャード・ドライファス
Amazon
ハートブルー [DVD]

ハートブルー [DVD]

  • パトリック・スウェイジ
Amazon

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com