読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」 2010

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]

★★☆☆☆

 

監督 中田秀夫

 

 高額の時給に釣られて集まった10人で殺し合いが行われる。

 

 藤原竜也が一人だけ大げさな舞台の演技をしていて、気になりだしたらずっとイライラしてしまった。

 

 序盤からいきなりみんな積極的に実験に関与していてどうも真実味がない。大金が得られるとはいえ、事前に知らなかったのにそんなに簡単に適応して殺し合い始めるかな。元々そこまで大金が得られると思っていたわけではないのだから積極的に殺しを行う動機も弱い。普通戸惑って何もしないで時が過ぎていきそうなものなのに。

 

 最初の一人が殺された時には、外部の人間に殺されたんじゃないか、とかメンバーにサクラが混じっているんじゃないかと疑いそうなものなのに誰もそれに気づかない。みんな設定を従順に信じすぎ。案の定、すべてその通りだったわけだが。

 

 綾瀬はるかもほとんど何もしないから最後に何かあるんだろうなと思っていたら案の定あったし。彼女は役柄の上でもほとんど仕事していないし、役者としてもほとんど仕事をさせてもらっていない。ただいるだけ。

 

 唯一この中では武田真治がおいしい仕事をしたのかな。

 

原作 

インシテミル (文春文庫)

インシテミル (文春文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

綾瀬はるか / 石原さとみ / 阿部力 / 武田真治

 

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]