BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ぐるりのこと。」 2008

ぐるりのこと。

★★★★☆

 

監督 橋口亮輔

 

 法廷画家の男とその妻の物語。

 

 リリー・フランキーがいい演技。自然で。普通に役者をしている。

 

 法廷に登場する人物たちが過去にあった実際の様々な事件を思い出させる。はっきりと覚えているものから、おぼろげながら思い出せるものなど。当時はそれなりにショックを受けたりしていたのに、時間が経てば人間なんて簡単に忘れてしまう。だからこそ生きていられる。

 

 子供を亡くし、精神のバランスを崩してしまう妻をそっと見守る夫。やるだけのことはやっていると自己満足的に頑張って励ますのではなく、彼女が自らの力で立ち直るのを静かに目を離さないようにじっと待っている姿がいい。変わっていく時代の中で、ふらふらと一見いい加減そうに過ごしているように見えるが芯はしっかりとしている。

 

 こうやって時代を振り返る的な映画もいい。ただ思っていたより時間が長くてちょっとしんどくもあった。

 

出演 木村多江 / リリー・フランキー / 倍賞美津子 / 寺島 進 / 安藤玉恵 / 加瀬亮 / 柄本明

 

ぐるりのこと。

ぐるりのこと。

 

 

広告を非表示にする