BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「チェ 39歳 別れの手紙」 2009

チェ 39歳別れの手紙 (字幕版)

★★★☆☆

 

 ポリビアでのチェ・ゲバラ

 

 キューバでの革命を成功させたにも関わらずそれで満足せず、他国での革命にも参加するチェ・ゲバラ。普通は権力を握って結局、独裁政権になるのが常なのに、そんなものを投げうって、また一兵士として戦場に向かうところに革命家としての本物感がある。それだけに相手国にとっては厄介な存在。当然警戒してくる。

 

 キューバでは戦況が次第に好転していったのに対して、ボリビアでは一向に好転する気配がない。味方が増えるわけでもなく、農民の賛同も得られず、食料も枯渇していく。次第に追い詰められていく。こういう状況になっても、戦い続けるしか道がないのが革命家のつらいところかもしれない。

 

 仲間たちが次々と戦いの中で倒れていったのに、本人は戦死ではなく捕まってしまった所に彼の宿命のようなものを感じる。人知れず戦いの中で死んでいくのではなく、皆にしっかりと自分の存在を刻みつけて死んでいく。捕虜になったゲバラが見張りの兵士に親しげに話しかけ、平然と「縄をほどいてくれ」と言ってのけるシーンは凄みがあった。チャンスがある限り決して諦めていない。だからこそあれだけのことができ、そしてこういう最後になったのだなと、どこか納得させられる。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

製作/出演 ベニチオ・デル・トロ

 

出演 フランカ・ポテンテカタリーナ・サンディノ・モレノ

 

チェ (映画) - Wikipedia

チェ 39歳別れの手紙-動画[無料]|GYAO!|映画

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com