BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アウトロー」 1976

アウトロー(字幕版)

★★★★★

 

 妻子を殺された男が復讐のために仇を追う。

 

 相変わらずクリント・イーストウッドがカッコいい。

 

 孤高の一匹狼というイメージがある「アウトロー」なのに、桃太郎のように次々と仲間が増えていくのが面白い。それもクリント・イーストウッドの人柄なのだが。寡黙で人当たりが良いわけでもないが、その行動でみんなに頼られていく。

 

 ストーリーもそれぞれのセリフも粋でいい。ちゃんと伏線が効いていて気持ちいいくらい。決戦を前に自分の心情を語りだすイーストウッドが、そんな柄でもないとばかりに、相棒のインディアンにすかされるシーンは、思わずニヤリとしてしまった。

 

 最後に一人で敵に立ち向かうイーストウッドの背後から、寝ているはずの仲間たちが一斉に銃を出し、援護する場面は胸が熱くなった。

 

 復讐は絶対にあきらめないが、基本的には互いに争わずに過ごしたい、というイーストウッドの思いが伝わるような映画だった。面白かった。

 

監督/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

脚本 フィリップ・カウフマン/ソニア・シャーナス

 

出演

チーフ・ダン・ジョージ/サム・ボトムズ/シェブ・ウーリー/マット・クラーク/ソンドラ・ロック/ウィル・サンプソン/ジョン・ヴァーノン

 

アウトロー(字幕版)

アウトロー(字幕版)

 

アウトロー (1976年の映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com