BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「それでも恋するバルセロナ」 2008

それでも恋するバルセロナ (字幕版)

★★★★☆

 

 アメリカからバルセロナにやってきた二人の女性と、現地で出会った男女の不思議な関係。

 

 舞台となるバルセロナの景色が美しい。行ってみたくなる。ハビエル・バルデム演じる男は芸術家だからというせいもあるが、自然とうまく調和して暮らしていて、こんな豊かな生活が出来たらな、と。

 

 物語はいかにもウディ・アレンらしい情緒不安定な人たちのドタバタ気味の人間模様だが、それでもそれぞれの心情が理解できてしまうような展開。中でもペネロペ・クルスのエキセントリックな演技が素晴らしい。魅力的なんだけどどこか怖い。

 

 ラストのレベッカ・ホールハビエル・バルデムに会いに行って、ペネロペ・クルスが現れ、レベッカ・ホールがキレるところは面白かった。なんでもないように話は進んでるけど、やっぱみんな変だよって言われたみたいで。

 

監督・脚本

bookcites.hatenadiary.com

  

出演 スカーレット・ヨハンソンハビエル・バルデムペネロペ・クルスレベッカ・ホールパトリシア・クラークソンケヴィン・ダンクリス・メッシーナ

 

それでも恋するバルセロナ - Wikipedia

それでも恋するバルセロナ-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com