BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「男と女の取扱説明書」 2009

メグ・ライアンの男と女の取扱説明書 [DVD]

★★★☆☆

 

 夫婦で休暇を過ごすため別荘に一足先に向かった妻は、予期せぬ夫の計画を知る。

 

 メグ・ライアン老けたなぁ。それが最初の感想。でも実年齢50歳位だから、それを考えると若いのか。普通にこうやって恋愛モノの映画に出ているわけだし。

 

 突然離婚を切り出されて戸惑うのは分かるけど、ここまでするかなぁって思ってしまう。メグ・ライアンやり過ぎ。旦那のティモシー・ハットンも頼りなさげな、流されやすそうなパッとしない男で、どちらにも共感できない。

 

 途中からタチの悪い若者たちが現れて展開が変わるが、このあと弁護士であるメグ・ライアンがキレて、裁判でこの若者達を滅茶苦茶にするんだろうなぁと想像したが、もちろんそんなシーンはなく。できればそっちを観たかった。

 

 心の離れた夫の気持ちを取り戻すって話なんだけど、ティモシー・ハットンもあっさりと心変わりしすぎ。そこらあたりが共感できないところ。ともかくラストめでたしめでたしかと思ってたら、最後に仕掛けが。嫌な後味。序盤のメグ・ライアンのあの異常な感じはコメディーだからの演技ではなかったってことなのか?でもこのレベルの物語だったら普通に終わって欲しかった。

 

監督 シェリル・ハインズ

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ティモシー・ハットンジャスティン・ロングクリステン・ベル

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com