BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ダラス・バイヤーズクラブ」 2013

ダラス・バイヤーズクラブ(字幕版)

★★★★☆

 

 アメリカ南部の保守的な土地で暮らす男が、エイズで余命30日と診断される。実話を基にした物語。

 

 とりあえずガリガリで登場したマシュー・マコノヒーにゾッとしてしまう。この時点ではまだエイズとは判明していないわけだが、もう見るからにヤバい。ただし最初にこのヴィジュアルを見ておくことで、その後はフラットな感覚でいられる。

 

 やがて医者にエイズで余命30日と宣告されるが、当時は同性愛者の病気という偏見があり、南部の男である主人公は誤診だとして信用しない。普通の人間ならそのまま30日で死んでしまうのだが、この男は図書館で病気について調べ、事実を受け入れ、さらに治療についても詳しく調べ、医者に頼らない自分なりの薬の摂取を行い、宣告された余命通りに死ぬのを免れる。このあたり、誰かが言っていた「人は無知で死ぬことがある」という言葉が身にしみる。

 

 やがては自分の経験を基にして、製薬会社の食い物にならない治療方法を提供するようになる主人公。このあたりはなんならエイズの診断を受ける前より羽振りがよくなって、生き生きとしているのが面白い。薬を売ると犯罪だから配る会員制にするアイデアだとか、世界中に薬を買いに出かける行動力とか、誰でも出来るわけではない主人公の能力の高さが窺い知れる。

 

 主人公は商売を通して同性愛者たちと交流していくなかで、彼らへの偏見を取り除いていく。ただこのあたりは単純に美しい話というよりも、エイズの人間は同性愛者という偏見によって同じくくりにされてしまったからという面もあるので複雑だ。エイズにかかることで同じ側に立ったからこそ、彼らへの理解が深まっただけとも言える。

 

 エイズという病気を題材としていながらも、ジメジメとした暗さはなく、どこかカラッとした明るさすら感じられる。運命だと受け入れるのではなく、生きることに執着してあらゆる情報を入手し、出来ることを出来る限りやるというその姿勢に感動させられた。

 

監督 ジャン=マルク・ヴァレ

 

出演 マシュー・マコノヒージェニファー・ガーナージャレッド・レトスティーヴ・ザーン/デニス・オヘア/アダム・ダン

 

ダラス・バイヤーズクラブ - Wikipedia

ダラス・バイヤーズクラブ(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com