BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「セルラー」 2004

セルラー(字幕版)

★★★★☆

 

 何者かに突然誘拐された女が、壊れた電話機の回線を直してなんとか繋がった見知らぬ若者に助けを求める。

 

 冒頭に何の前触れもなく、突然事件が起こる。普通に驚いてしまった。そしてわけもよくわからないまま事件が進む。この辺りはまるで主人公と同じ心境を味わっていることになる。事件が起こるまでは犯人たちの目的や行動を一切描かないっていうのは、なかなか効果的な表現だ。

 

 主人公は壊れた電話で無理やり電話をかけて、偶然繋がった若者と協力しながら事件を解決しようとする。この辺りもたまたま繋がっただけなので、一旦電話が切れてしまうとまた同じ相手に電話をかけることは出来ないという緊張感がある。建物の中やトンネルなど電波の状況が悪いところに行くと冷や冷やしてしまう。携帯電話のバッテリー容量も問題だ。

 

 主人公を助けようとする若者が最初以外は警察を頼ろうとしなかったのは少し疑問が残るが、それ以外はほとんどちゃんと伏線が張られていて感心する。疑問に思う部分があったとしても、それまでのシーンを思い返してみると理由が見つかる。警察を頼らなかったというのも、切羽詰まってそんな時間がなかったから自分でやるしかなかったと言うことが出来る。さらに言えば、結果的に警察に相談しなかったことは正解だったわけだし。

 

 少し頼りにならなそうな若者と奥さんに頭の上がらない風采の上がらなそうな警官が活躍するのがグッとくる。そしてキム・ベイシンガー演じる誘拐された女が、単なる怯える被害者ではなく、勇敢に立ち向かってなかなかの活躍をしているのも面白い。この感じだと誰かの助けが無くても、案外なんとかなっていたんじゃないかという気すらしてしまった。泣きわめきながら気がつくと全員倒してしまっている、みたいな。関係ないけど、キム・ベイシンガーはいつも泣き濡れたような顔をしている。

 

 

 香港でこの映画のリメイクが作られたようだが、リメイクしたくなるのもよく分かる良くできた映画だった。

 

監督 デイヴィッド・R・エリス

 

出演 キム・ベイシンガークリス・エヴァンス/エリック・クリスチャン・オルセンノア・エメリッヒウィリアム・H・メイシージェシカ・ビール/リック・ホフマン

bookcites.hatenadiary.com

 

セルラー(字幕版)

セルラー(字幕版)

 

セルラー (映画) - Wikipedia

セルラー-動画[無料]|GYAO!|映画 

 

関連する作品

リメイク作品 

コネクテッド (字幕版)
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com