BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「雷桜」 2010

映画「雷桜」

★★☆☆☆

 

 人里離れた山に住む女と将軍の息子との恋。タイトルは「らいおう」と読む。

 

 山奥に迷い込んだ殿様を、そこに住む若い女が追い払おうとして二人は出会い、そして互いに意識しあい、やがて惹かれ合う。このあたりのいかにも少女漫画風の展開は観ていてつらいものがあった。

 

 しかし赤子の頃の女をさらって10年ほど育てていた男が、女に突然元の家に戻れと言うのはあまり優しさを感じない。戻ったところで実の母親の記憶はないのだから、他人と暮らすのと変わらない。それならどこに行くのか知らないが一緒に連れて行ってやれよ、と言いたくなる。女も素直にすぐに実家に戻るし、実家の方は突然戻られても困るだろうと思っていたのに、すんなり受け入れてしまって拍子抜け。そもそも家族も山に天狗が出る、どうやら攫われたうちの娘らしい、とまで分かっていたのなら、なんで会いに行かないんだと腹立たしくなる。

 

 その他にもなんで切腹を止めずに眺めているだけなんだとか、育ての親は完全に死んだと思ったのにそこから結構喋るなとか、細かい部分で色々気になって仕方がなかった。

 

 身分の違う同士の叶わぬ恋なのだが、正直何も心に響くものがなかった。時代劇なのに時代劇らしくない雰囲気の映画で、上下関係の緩さも気になった。殿が命令しているのに部下は面倒くさいのか嫌なのか、非常に緩慢に動く。全然畏まっている気配がなく、もっと機敏に動けよとイライラした。とは言え、ほかの時代劇が畏まり過ぎていて、実際はこんなものだったという新解釈なのかもしれない、と思わなくもない。

 

 蒼井優も渾身の演技をしているのは分かるが、もうちょっとヴィジュアルに気を使った方が良い。人目も憚らず顔をグシャグシャにして泣き濡れているというのは伝わるけど、ぐちゃぐちゃすぎるのが逆に気になってしまって集中できなかった。あれはちゃんと撮り直しするべきだった。

 

 桜や菜の花の自然の風景や祭りの光景、豪華絢爛な城内の様子など、唯一映像は美しかった。

 

監督 廣木隆一

 

原作 雷桜 (角川文庫)

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

小出恵介時任三郎宮崎美子須藤理彩忍成修吾村上淳高良健吾柄本佑大杉漣ベンガル池畑慎之介坂東三津五郎

 

映画「雷桜」

映画「雷桜」

 

雷桜 - Wikipedia

雷桜-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com