BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バンコック・デンジャラス」 2008

バンコック・デンジャラス (字幕版)

★★★☆☆

 

 厳しいルールを自分に課し、完璧に仕事をこなしてきた殺し屋が引退を決意し、最後の仕事としてタイのバンコクにやって来る。タイ映画「レイン」を、ハリウッドでリメイクした作品。

 

 冒頭でニコラス・ケイジ演じる殺し屋が自分に課している厳しいルールと完璧な仕事ぶりを紹介し、いかに冷酷非情な人間かを説明しているのだが、その割にはバンコクにやって来てからはそれらが脆く崩れ去ってしまっている。

 

 どこかで冷徹になりきれなくなっている自分に気付いて殺られる前に引退しようとしているわけだから、多少甘くなったというなら理解できるのだが、ダムが堰を切ったようになし崩し的に全て反故にしているのが納得いかない。もう少しルールを守るためにがんばれよ、と思ってしまった。もっと言えば、ルールを破ってしまっている自分に少しは苦悩しろよ、と。カタギの人間とは付き合うなとカッコつけて言ってたくせに、何をホイホイと嬉しそうに現地で出会った女とのデートに出かけてんだ、と。

 

 ラストの主人公の行動も良く分からない。もう逃げ切れないと諦めたということなのか。とにかく、主人公にとってバンコクはそれまでの生き方を変えてしまう何かがある土地だっていうのはわかった。

 

監督/脚本 オキサイド・パン/ダニー・パン

 

出演 ニコラス・ケイジ/チャーリー・ヤン/シャクリット・ヤムナーム

 

バンコック・デンジャラス - Wikipedia

バンコック・デンジャラス(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

関連する作品

オリジナル 

レイン デラックス版 [DVD]

レイン デラックス版 [DVD]

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com