BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ダニー・ザ・ドッグ」 2005

ダニー・ザ・ドッグ(字幕版)

★★★★☆

 

  戦うことだけを教えられて育ち、今は高利貸の用心棒として相手を痛めつける日々を過ごす男が、ある日盲目の調律師と出会う。

 

 ゴリゴリのアクション映画かと思っていたら、ハートウォーミングなドラマもあるアクション映画だった。このハートウォーミング部分はモーガン・フリーマンの好演が光る。大抵のことは笑って受け入れてくれそうな懐の大きさを感じさせてくれる。

 

 それに呼応するかのようにジェット・リーもアクションだけでなく、繊細さの必要な役どころを頑張って演じている。ただ、犬のように命じられた相手に襲いかかるようしつけられたという彼が演じる男のキャラクターの設定が曖昧だ。相手の言うことは理解できるのは分かったが、喋れるのか喋れないのか。字は読めるのか、読めないのか。喋れるならもっと喋りそうだし、なんだかんだで色んな人を見ているので、そんな世間知らずみたいになるわけないような気もするし。そうなるとそんなに他の人と変わらないような言動をするような気もするし。

 

 そして、モーガン・フリーマン演じる男の家族に感化されたのだとは思うが、それでもなんで急に幼い頃に別れた顔も知らない母親に固執し出したのかあまり上手く伝わってこなかった。

 

 そのあたりをぐっと飲み込めれば、ジェット・リーの切れのあるアクションと、モーガン・フリーマンの人情味あふれるヒューマンなドラマを楽しむことができるはず。

 

 単純に戦うのではなく、主人公がそれまでの人生で背負わされた業に訴えかけて、元の世界に引き戻そうとする、育ての親との対決シーンはなかなか凄みがあって、見ごたえがあった。

 

監督 ルイ・レテリエ

 

脚本/製作 リュック・ベッソン

 

製作/出演 ジェット・リー

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ボブ・ホスキンス/ケリー・コンドン/テイマー・ハッサン/ヴィンセント・リーガン/キャロル・アン・ウィルソン

 

音楽 マッシヴ・アタック

 

ダニー・ザ・ドッグ - Wikipedia

ダニー・ザ・ドッグ-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com