BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「第九軍団のワシ」 2011

第九軍団のワシ (字幕版)

★★★☆☆

 

 父親が率いるローマの軍隊の象徴である黄金のワシ像が本人と共に消息を絶ち、不名誉のそしりを受ける一家。息子は一家の汚名返上のために黄金のワシ像の行方を追う。

 

 尊敬していた父親が受ける汚名。しかし勝手にモノを神聖化して、それを守ったり奪ったりすることに血眼になるなんて、よく考えると馬鹿らしい。けどそういう事になってしまっているのだから、そんなの意味がないと嘯いても始まらないのが悲しい所。そのストーリーに沿った行動をしなければならない。

 

 主人公は父親と同様に軍隊を指揮することで汚名を返上するという王道を選ぶ。ここから戦いにつぐ戦いが始まるのかと思えば、名誉の負傷で除隊となり、あっさり目標は絶たれてしまう。

 

 しかし一家の汚名に耐えられない主人公は、奴隷一人を連れて父親が消息を絶った場所へと黄金のワシ像を探しに旅立つ。ここからは宝物を探す冒険映画のような様相を呈してくる。ただ冒険物語としては物足りないものがある。もう少しワクワクする要素があっても良さそうなものだが、大自然の中を前進し時おり出会った人びとに情報を聞き出すだけ。そしてこのあたりから、主人公よりも奴隷のほうがメインっぽくなっている。

 

 やがて彼らはワシ像を持っているのはアザラシ族という情報を入手する。このアザラシ族がモヒカン風の頭にアザラシの毛皮を着て、田舎のヤンキー風でカッコいい。きっとマインドもそう変わらないような気がする。こういう形態は時代や場所を問わず、普遍的なものなのかもしれない。

 

 最後は完全にメインになった奴隷と彼が介護する主人公という形に

なってしまっていて、あまり奴隷に迷惑かけるなよと主人公を責めたくなってしまった。

  

監督 ケヴィン・マクドナルド

 

原作 第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)

 

出演 チャニング・テイタムジェイミー・ベルドナルド・サザーランドマーク・ストロング/タハール・ラヒム/デニス・オヘア

 

第九軍団のワシ (字幕版)
 

第九軍団のワシ (映画) - Wikipedia

第九軍団のワシ-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com