BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」 2012

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火(字幕版)

★★★☆☆

 

 瀕死の重傷を負いながらも奇跡的に回復し、戦車の気持ちが分かる不思議な能力を手に入れた戦車兵が、神出鬼没の謎の敵国の戦車「ホワイトタイガー」の撃破を命じられる。ロシア映画

 

 ほとんど戦車のことは分からないが、この映画は戦車がメインの戦争映画ということで戦車好きにはたまらない映画となっているらしい。ホワイトタイガーはタイガーIを改良したもの。戦争映画は数あれど、戦車をメインにした映画って意外と少ないのかもしれない。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.216 ドイツ陸軍 重戦車 タイガーI 型 初期生産型 プラモデル 35216

 戦車はまさに鉄の塊といった様相で迫力があるが、敵がすぐ近くにいても意外と気づかないという鈍感な所が少し面白い。

 

 映画は主人公が負傷しても、戦闘に負けても勝っても、戦争に勝っても、大げさな演出はしないで常に淡々としている。こういう映画にありがちな戦争の愚かさ、悲惨さ、ヒューマニズムなどといったものをまったく全面に押し出していない。

 

 そしてホワイトタイガーの謎も解明されず、最後はヒトラーらしき人物の語りで映画は終わる。まるで、良い悪いではなく戦争は繰り返されるもので、決して無くなることはないのだ、というメッセージが込められているようだった。

 

 もしくは、淡々とした映画の中で唯一、戦車の連隊が進軍するときにだけ、軽く勇壮な音楽が流れたので、もしかしたらただたくさんの戦車を撮りたかったのだけかもしれない。

 

監督/脚本/製作 カレン・シャフナザーロフ

 

出演 アレクセイ・ヴェルトコフ/ヴィタリー・キシュチェンコ/ヴァレリー・グリシュコ/ヴラディミール・イリン

 

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 - Wikipedia

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com