BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「映画は映画だ」 2008

映画は映画だ(字幕版)

 ★★★☆☆

 

 撮影中に共演者と問題ばかりを起こし、誰も共演してくれなくなった役者が、偶然知り合った元役者志望のヤクザの男を引き込んで、映画撮影を続行する。

 

 あらすじだけを聞くとコメディかと思ってしまうが、割と真面目な男臭い映画に仕上がっている。映画俳優とヤクザという種類の違う二人の男の生き様が描かれる。

 

 ただ二人のキャラクターがいまいちピンとこない。映画役者はすぐカッとなって共演者に暴力を振るい、私生活でも身勝手な振る舞いで、ただの勘違いした男という印象。一方のヤクザは、部下すらも信用しない何を考えているのかわからない男で、なのに映画には出演してちゃんと役をこなしている。このヤクザ役のソ・ジソブは存在感があってなかなか良いのだが、メリハリのないワンパターンなキャラクターで、観ていて段々とイライラしてきた。

 

 そして共演の女優も撮影中に酷いことをされたにも関わらず、ヤクザの男と付き合っているしで、登場人物たちのことがよく理解できなかった。唯一、映画監督の映画にかける情熱だけがすごくよく伝わってきて好感が持てた。

 

 ヤクザが役者に映画を、人生を教えてやったみたいな形になってしまっているが、それでいいのか?と疑問が残った。

 

監督/脚本 チャン・フン

 

原案/製作 キム・ギドク

 

出演 ソ・ジソブ/カン・ジファン/ホン・スヒョン/コ・チャンソク

 

映画は映画だ(字幕版)

映画は映画だ(字幕版)

 

映画は映画だ - Wikipedia

映画は映画だ【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com