BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サヨナライツカ」 2010

サヨナライツカ

★★★☆☆

 

 婚約者を日本に残しタイで働く男は、一人の日本人女性と出会う。

 

 物語は美男美女の恋愛模様といったところだが、映像へのこだわりを感じる。構図やカットが凝っていて、多くがタイでの撮影ということもあり、あまり日本映画では見られない雰囲気。アジア映画といった方がしっくり来る。ストーリーはともかく映像だけで観ていられる。

 

 意外と中山美穂が頑張っている。彼女のファッションや化粧はギリギリセーフで、その際どい感じが映画の緊張感も生み出しているような気がするが、もしかしたら観る人によったらギリギリアウトなのかもしれない。

 

 映画は前半と後半で劇的に変化をする。西島秀俊中山美穂石田ゆり子らの主要登場人物たちが微妙に年齢層が高いなと思っていたが、どちらもいけるように配慮していたということか。後半はかなり間延びしてしまった印象だが。

 

 主演の男女の美しい恋物語といえるのかもしれないが、その間に挟まれた石田ゆり子演じる婚約者の視点から見たらどうなのだろう。彼女の望んだ通りの人生にはなったが、結局その間は誰も幸せではなかった。それでもその人生を選んだ理由が、彼女の表した詩の中に隠されているという事なのかもしれない。

 

監督/脚本 イ・ジェハン

 

原作 サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

 

出演 中山美穂西島秀俊石田ゆり子加藤雅也/マギー/川島なお美松原智恵子平岳大西島隆弘

 

サヨナライツカ

サヨナライツカ

 

サヨナライツカ - Wikipedia

サヨナライツカ(R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com