BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「新極道の妻たち 惚れたら地獄」 1994

新極道の妻たち 惚れたら地獄

★★★☆☆

 

あらすじ

 100億の利権を手に入れる目前で、敵対する組織に組長である夫を殺された女。利権を手に入れるまでは挑発に耐えるつもりでいたが、組員たちがこらえきれず暴発してしまう。

 

感想

 我慢しろと言っているのに、我慢できない男たち。気持ちはわからないではないが、ただ我慢しろと言っているのではなく、(100億の利権を手に入れるまでは)我慢しろ、と言っているのだから、我慢しろよ、と思ってしまった。こいつら好き勝手出来るのは今だけなのに、と内心ニヤニヤしながら楽しい感じで耐えられそうなものだが。まぁ、これは少し変な性癖かもしれないが。

 

 そんな馬鹿な男たちに付き合わされる女たち。今回は岩下志麻演じる主人公だけでなく、その他の女たちの切ない生き様も丁寧に描かれている。主人公も今回はかなり弱さを見せていて、タイトル通り「極道の妻たち」感がある。

 

 そして、別に狙っているわけではないのだろうが、吉本新喜劇的に思えるシーンが多かった。本田博太郎演じる執拗な刑事といい、小西博之演じる直情的な組員といい、岩下志麻が繰り返す「お撃ち」というセリフといい、あと一言何かあったら、周りの皆が一斉にずっこけなければいけないようなファニーな雰囲気が漂っていた。

 

 そんな中で一番コメディエンヌぶりを感じさせていたのが、敵対する組長の妻を演じていたあいはら友子。なんでそこまでイキってんの?と聞きたくなるくらいのイキりぶり。からの岩下志麻演じる女に格の違いを見せられての空威張り。この人の出演シーンはだいたい面白かった。本人はそんな気全然なかったと思うが。

 

 必死に組を立て直そうとする主人公と、暴走してそれを台無しにしていく組員たち。ただの自滅でしかなく、見ていてだいぶイライラした。最後も主人公が意地を見せたというよりも、味方に足を引っ張られまくってあきらめた、という印象のほうが強く、残念感ばかりが漂ってしまっている。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 岩下志麻山下真司清水宏次朗斉藤慶子赤坂晃小西博之美川憲一宮崎ますみ/中条きよし/あいはら友子/西川峰子川島なお美高島忠夫世良公則本田博太郎

 

撮影 木村大作

 

新極道の妻たち 惚れたら地獄
 

極道の妻たち - Wikipedia

新極道の妻たち 惚れたら地獄 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

前作

bookcites.hatenadiary.com

 

次作 

bookcites.hatenadiary.com

  

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com