BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ソウル・フード」 1997

ソウル・フード (字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 週末には祖母を中心に集まり食事をするのが恒例だった一族が、祖母の入院によりバラバラになり、心を痛める少年。

 

感想

 冒頭の祖母とその三人娘が料理するシーン、そして一族が揃って賑やかに食事をするシーンは、見ていて楽しい気分になれる。決して楽しい会話だけでなく、ちょっとした口喧嘩のようなこともあるのだが、それでも一同が揃って同じテーブルで食事をしているのは幸福の象徴のように感じる。

 

 週に一度のそんな幸せなひとときも、祖母の不在によってあっさりと終了してしまう。三姉妹の間のわだかまりや夫婦間の問題が、彼らをバラバラにする。彼らを一つにまとめていた祖母の偉大さを実感する。

 

 こんな風に、仲の良さそうな集団もよく観察すると誰か一人が皆をつないでいるだけだったりすることがある。そしてその人物がそんな扇の要のような役割をしていたことを、ばらばらになった後に知る。

 

 それぞれの問題が表面化して、険悪になってしまった一家。それぞれのシチュエーションが重くて、正直見ているのが辛い。それよりももっと序盤の幸福なシーンを見たかった。当然最後はまた絆を取り戻す、という展開になるのだが、一族のバラバラ具合が深刻だったので、あまりほっこりした気分になれなかった。ちょっとバランスが悪い。

 

 そして最後の絆を取り戻すシーンも、結局金かよ、という流れになってしまっている。ちゃんと伏線は張ってあってそれはいいのだが、それを生々しい感じではなく、うまくほっこりする方向へ持っていって欲しかった。

 

キャスト/スタッフ

監督/脚本 ジョージ・ティルマンJr.

 

製作総指揮 ベイビーフェイス

 

出演 ヴァネッサ・L・ウィリアムス/ヴィヴィカ・A・フォックス/ニア・ロング/マイケル・ビーチ/メーキー・ファイファー/ブランドン・ハモンド/ジェフリー・D・サムズ/イルマ・P・ホール

 

ソウル・フード (字幕版)

ソウル・フード (字幕版)

 

ソウル・フード (1997年の映画) - Wikipedia

 

 

この作品が登場する作品 

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com