BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「誰のせいでもない」 2015

誰のせいでもない(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 恋人とうまくいかず、執筆も進まない作家は、ある雪の日に交通事故を起こしてしまう。

 

感想

 仕事帰りに突然飛び出してきた子供を轢いてしまった主人公。何よりも不可抗力とはいえ子供を事故死させておいて、そのまま家に帰れるのがすごいな、と思ってしまった。日本だったらとりあえず警察に拘留されそうだが、実際はどうなのだろう。それにしても、その日に警察に「あなたは悪くなかった」と慰められながら家まで送ってもらえるなんて。

 

 そしてこのとき、主人公が一瞬事故は回避できたと勘違いして、急にこの先全てが上手く回りだすと思ってしまうシーンは、なんか理解できる。最悪の出来事を防ぐことが出来た自分は運が良くて、きっとこの先も良いことが起こるはずと思ってしまう気持ち。人間なんて些細な出来事で簡単にものの見方が変わってしまうものだ。

 

 

 しかし、一瞬の安堵から絶望に突き落とされた主人公。当然うまくいくと思えたその後もうまくいかなくなってしまう。人生なんてそんなものだ。ただ、罪に問われなかったとはいえ、罪の意識をずっと持ち続けてちゃんと受け入れようとしたのは偉い。

 

 被害者の母親が主人公を責めなかったのもすごい。不可抗力とはいえ、でも主人公が車で通らなければ事故は起きなかったのに、と思ってしまって責めてしまいそうだ。主人公と被害者の母親の不思議な関係が印象的だった。

 

 映画は物語を断片的に描きながら月日が過ぎていく。具体的にこれといったものを描くというよりは、どこでも誰にでも起きそうな人生のワンシーンが描かれていくといった感じになっている。良い事だろうと悪い事だろうと、身に起きた出来事を人は抱えながら生きていく。結局人は孤独だが、それでも時おり誰かと気持ちがわかり合える時があり、そんなときにふとした幸福を感じることが出来る。

 

スタッフ/キャスト

監督 ヴィム・ヴェンダース


出演 ジェームズ・フランコ/シャルロット・ゲンズブール/マリ=ジョゼ・クローズ/レイチェル・マクアダムス/パトリック・ボーショー/ピーター・ストーメア
 

誰のせいでもない(字幕版)

誰のせいでもない(字幕版)

  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: Prime Video
 

誰のせいでもない - Wikipedia

誰のせいでもない | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com