BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「エンゼル・ハート」 1987

エンゼル・ハート(字幕版)

★★☆☆☆

 

あらすじ

 謎の人物からある男の生存確認をして欲しいと依頼された探偵。 

 

感想

 謎の男から人探しの依頼をされたミッキー・ローク演じる主人公。その謎の男を演じたロバート・デ・ニーロは、出演時間は短いが相変わらず抜群の存在感だ。この男がただ者じゃないことがビシバシと伝わってくる。

 

 そして人探しを開始する主人公だが、手掛かりを求めて面会した人物たちが次々と何者かによって殺されていくという不穏な展開。さらにブードゥー教や悪魔崇拝を窺わせる描写が多く登場し、映画全体にどこか「八つ墓村」のようなおどろおどろしい雰囲気が漂っている。そんな中でも捜索を続ける主人公。色々と意味深なシーンが多くて面白かったのだが、最終的には悪魔が出てきてしまって急激に冷めてしまった。

ブードゥー教 - Wikipedia

 

 「八つ墓村」のように、おどろおどろしいだけで結局はそれを利用しただけの普通の殺人事件なら別に良かったのだが、本当に悪魔とか出て来てしまったらもうなんでもありじゃん、と一気にどうでもよくなってしまう。ただこれは悪魔とか魔法とか出てくる映画が個人的には苦手なだけで、その手の話が好きな人だったら楽しめるのだとは思う。

bookcites.hatenadiary.com

 

 大体の話の内容が分かってくると、色々と疑問が湧いてきた。なぜ犯人は関係者を次々と殺さなければならなかったのか。自分の秘密を知っているからなのか、自分の過去を知っている人間は邪魔だったからなのか、単純に彼が悪魔だからなのか。それに、主人公の仕事を何度も暴力的に邪魔をしていた男たちは、何が目的だったのかもよく分からない。迫害されがちなブードゥー教徒だから、自分たちの周辺を嗅ぎまわる男をあらかじめ排除しようとしていただけなのか。

 

 

 そして、この結末だったらなんで主人公に人を探すように依頼したのかが最大の謎で、それを見ていたこちらのこの2時間は何だったのだ、と思ってしまった。主人公が何者であるかを自分で気づかせるためだったのか。でもそんな回りくどい事をしなくても、最初に会ったその場で教えてやっても別に良かった気もする。それをしないで、本人が気づくまでニヤニヤとその様子を何日も眺めているなんて悪魔かよ、と思ってしまった。ま、悪魔なんだけど。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 アラン・パーカー

 

原作 堕ちる天使 (ハヤカワ文庫NV)


出演 ミッキー・ローク/リサ・ボネット/シャーロット・ランプリング/ダン・フロレク/キャスリーン・ウィルホイト

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 トレヴァー・ジョーンズ

 

エンゼル・ハート(字幕版)

エンゼル・ハート - Wikipedia

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com