BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「コンスタンティン」 2005

コンスタンティン (字幕版)

★★★☆☆

 

 悪魔祓いをしている男が、悪魔の進出によって世界の均衡が崩れ始めていることに気づく。

 

 天使と悪魔、天国と地獄といったキリスト教的な世界観で構成されている映画。正直、あまりこういった事に関心が持てないので、あまり楽しめなかった。これは完全に見る側の問題だが。

 

 とはいえ、地獄や悪魔の映像表現は作り手の意気込みが感じるいい出来栄えだった。この手の物語が好きな人は十分満足できると思う。

 

 ただ本来は天使と悪魔の戦いという壮大な話のはずなのに、人目に触れない数人の小さな世界で戦いが行われているので、人類の危機だという実感が沸かない。世の中そんなもので、なんだかんだで人類が滅亡せずに今までやってこれているのは、世界の何処かで人知れず何かと戦ってくれている誰かのおかげなのかもしれない。

 

監督 フランシス・ローレンス

 

出演 キアヌ・リーブスレイチェル・ワイズシャイア・ラブーフ/プルイット・テイラー・ヴィンス/ギャヴィン・ロスデイル/ティルダ・スウィントンピーター・ストーメア

 

コンスタンティン (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com