BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「フリーランサー NY捜査線」 2012

フリーランサー NY捜査線(字幕版)

★★☆☆☆

 

あらすじ

 警官になった男は、父親の元相棒に誘われて汚職に手を染めていく。

 

感想

  死んだ父親の背中を追うように警官になった主人公。しかし、麻薬の密売人までやっていた男が警官になるなんて驚かされる。昔は不良だったとかいうレベルじゃない。でも職業選択の自由があるので、過去がどうあれ、今がまともなら文句を言うことではないのか。

 

 そして初日に半ば強制的に汚職警官の仲間入りさせられるのも凄い。ロバート・デ・ニーロ演じるそのリーダーの堂々とした態度を見れば、かなりの勢力を持っている事が窺える。それなりの志を持っていたはずの主人公が割とあっさりとそれに染まっていくのも更にビックリなわけだが。ただこれに関しては、警官になる前の素行の悪さが前振りとして効いている。

 

 

 リーダーの指示に従って様々な悪事を行ううちに、父親の死の真相を知った主人公。同じように汚職警官だったが、息子のために足を洗おうとして組織に粛清された父親のためにその復讐を果たそうとする。

 

 汚職警官へ堕落し、そこで真実を知り密かに復讐を誓い、心を鬼にして前進していくという物語。そこには心の葛藤や不安や恐れ、様々な感情が入り乱れているはずなのだが、それらが一切描かれていない。緊迫感もなく淡々と進行していく。もっとそれぞれのシーンを丁寧に描けば、きれいごとだけではない、清濁併せ呑む凄みのある映画になったかもしれないのに、妙にあっさりとしていている。

 

 そんな風で演出に問題があったとは思うが、主演の50セントの役者としての実力不足感も否めない。製作もやっているので彼のための映画ともいえるのだが、もし若い頃のロバート・デ・ニーロが彼の役をやっていれば、もっと爪痕を残していたはずだ。なんなら、ストーリーに難はあるが見ごたえのある映画、くらいに評価を変えていたかも。期待したくなるキャスト陣だっただけに、かなり残念な出来になっている。

 

スタッフ/キャスト

監督 ジェシー・テレロ

 

製作/出演 カーティス・“50セント”・ジャクソン

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

フォレスト・ウィテカー/ボー・ギャレット/マイケル・マグレイディ/ロバート・ウィスダム/ペドロ・アルメンダリス・Jr/ヴィニー・ジョーンズ/ダナ・デラニー

 

フリーランサー NY捜査線(字幕版)

フリーランサー NY捜査線(字幕版)

  • 発売日: 2014/10/01
  • メディア: Prime Video
 

フリーランサー NY捜査線 - Wikipedia

フリーランサー NY捜査線(R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com