BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「オン・ザ・ロード」 1957

オン・ザ・ロード (河出文庫)

 

 遠くから見ていたい人というのがいる。近くで関わってしまうと面倒なことに巻き込まれそうで、だけどそいつが次に何をやらかすかは興味がある。だから遠くで、少し離れて観察していたい、そんな人間。

 

 で、この本の中ではそんな人間に自ら巻き込まれて、アメリカを何度も横断する。

 

 日本人的な感覚なのかもしれないが、「旅」という言葉からイメージするのは自由ではあるが、孤独や寂しさというものが付きまとう、どこか修行のような「道」。だけど、彼らの旅は酒やドラッグ、パーティなど、どこか刹那的で享楽的。それはもともと狩猟民族だからなのか、開拓者精神に富んだ国民性だからなのか、楽観的な雰囲気で満ちている。

 

 ただ、共通することは目的地に到着することではなく、移動することに価値を見出している点。通ったことのない道を走り、見たことのない景色を見ること。その目的地にたどり着くまでのすべての景色を見ること。路上こそ旅だとそんな思いが伝わってくる。

 

 ジャック・ケルアックの書きたいところは書きたいだけ書く、という即興的な文章で、ありがちだけどなんだか旅に出たくなる。

 

著者 ジャック・ケルアック

 

訳者 青山南

 

オン・ザ・ロード (河出文庫)

オン・ザ・ロード (河出文庫)

 

路上 (小説) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする