BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「すべては海になる」 2005

すべては海になる

★★☆☆☆

 

あらすじ

 愛が分からず生きづらさを感じる書店員の女性と、家庭崩壊を立て直そうとする男子高生が出会う。

 

感想

 吉高由里子に安藤サクラ、広瀬アリスと、今見ると豪華な女優陣が脇で出演している。それに要潤や松重豊らのいつも通りの安定感のある演技も良い。それだけに主演する佐藤江梨子の演技の残念感が際立ってしまっている。常におとぼけフェイス。もうちょっと撮り方を工夫すれば何とかなったような気もするが、普通に撮ってしまっているのも問題だろう。それから彼女の相手役、柳楽優弥も眼力があって存在感はあるが、この時の演技はイマイチ。ただしこちらは悩み多き高校生男子として見れば、リアリティがあると言えるのかもしれないが。

 

 映画はどことなく既視感のある話をつなぎ合わせただけで、雰囲気だけでやっている感があり、話の流れに不自然さが目立つ。特に柳楽優弥演じる高校生の崩壊した過程の描き方がステレオタイプすぎてひどい。高慢な父親とそれに逆らえない奴隷のような母親、そしてそんな両親のもとで育ち、歪んだ心を持つひねくれた娘。まるでコントのように典型的で、逆にリアリティがない。

 

 

 それから彼らは結構裕福で大きな家に住んでいるようなのに、安物アパートの台所みたいなところで一家そろって食事をしているのが不自然で、違和感があった。これなら主人公の方が全然いい家に住んでいる。あえて崩壊した家庭の象徴としてそうしていたのかもしれないが、だとしたらわざとらしすぎて逆効果だろう。

 

 主人公の残念な演技と陳腐なセリフが続き、いっこうに跳ねていかない物語。停滞感がずっと漂う映画になってしまっている。主演が別の女優ならもうちょっと見られたような気がするが、でも大して変わらないような気もする。きっと問題は主演女優だけじゃない。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 山田あかね

 

原作 すべては海になる

 

出演 佐藤江梨子/柳楽優弥/要潤/吉高由里子/渡辺真紀子/白井滉/松重豊/安藤サクラ/猫背椿/村上淳/森岡龍/広瀬アリス/安藤玉恵/梅野泰靖/鈴木福

 

すべては海になる

すべては海になる

  • メディア: Prime Video
 

すべては海になる - Wikipedia

すべては海になる | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

たった一人の反乱 (講談社文芸文庫)

bookcites.hatenadiary.com

男流文学論 (ちくま文庫)

あなた自身の生を救うには (1979年) (新潮文庫)

「魂」に対する態度

ヘルタースケルター (FEEL COMICS)

ガープの世界〈上・下〉 (1983年)

まだ見ぬ書き手へ (朝日文芸文庫)

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

エヴァンゲリオン研究序説〈新版〉 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com