読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「東京物語」 1953

邦画 映画 ★5

東京物語 ニューデジタルリマスター

★★★★★

 

 広島尾道に住む老年の夫婦が東京で暮らす子供たちを訪ねる。

 

 夫婦の空気感がいい。どんな接し方をされても穏やかに対応する。相手に嫌な気分を与えないように気遣っている。そんな両親を決して両手を広げて歓迎するわけではない子供たち。確かに1日ぐらいなら喜んで迎えられるけどいつまでいるか分からないとそれぞれ仕事もあるし、常に対応できるわけではない。特に長女の杉村春子の本音をつい口に出してしまう憎たらしさ。だけど原節子が義理の妹に語ったように生きていくうちに優先順位は常に変化し続ける。親だったり、家庭だったり、仕事だったり。その中のどれかの立場で定点的にその変化を見ていると寂しく思うこともあるのだろうな。

 

 それからそれぞれが相手によって色々と話す内容が変わることが面白いなと思った。決して八方美人的に相手に合わせて都合よくしゃべるというわけではなく、相手によって全てを話したり、その一部しか話さなかったり、言葉を濁してしまったりするところが。

 

 どこか冷淡な子供たちの中で唯一健気だったのが戦死した子供の妻であった原節子。そんな彼女が最後に義理の父に対して本心をさらけ出すシーンは観ていてとてもドキドキする。結構すごいことを言うなと。そしてそれに言葉を返す笠智衆の穏やかさにもなぜか心を打たれてしまう。

 

 心地よいリズムで物語が進み、何がどうだからいいとはなかなか説明し難いのだが、見終わった後いつまでも余韻が残るようないい映画だった。

 

 そして、なぜだか夫婦の団扇の使い方も凄い印象に残った。あれもこの映画に何らかの効果を与えているのだろうか。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

東山千栄子 / 原節子 / 杉村春子 / 山村聡

 

東京物語 - Wikipedia

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

東京家族

東京家族

 
珈琲時光

珈琲時光

 
東京画 デジタルニューマスター版 [DVD]

東京画 デジタルニューマスター版 [DVD]

 
みんな元気 [VHS]

みんな元気 [VHS]

 

 

広告を非表示にする