BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ヘヴン」 2002

映画パンフレット★『ヘヴン』/ケイト・ブランシェット、ジョヴァンニ・リビシ

★★★★☆

 

あらすじ

 意図しない結果を生んでしまった爆破事件に苦悩する犯人の女と、彼女に惹かれた男との愛の逃避行。

 

感想

 爆破事件や逃亡など、倫理的にどうなのだ、と思うところもあるが、それすらどうでも良くなってしまうような美しい世界。純粋でひたむきな詩的な世界。

 

 男の弟や父親、彼女の古い友人など全てが彼らを肯定している。特に立場のある彼の父親の態度。体面を気にした行動を取るのかと思ったら、全面的に彼の取った行動を受け入れる。ここにも愛があふれている。男と女の愛だけではなく、こういう愛もあるのだなと。それが積み重なって美しい世界が形成されるのだと。

 

 

 苦悩を抱えながらも男の愛を受け止める女を演じるケイト・ブランシェットの演技が光る。美しい映像と象徴的なラスト・シーン。見応えのある映画だった。

 

スタッフ/キャスト

監督 トム・ティクヴァ

 

脚本 クシシュトフ・キェシロフスキ/クシシュトフ・ピエシェビッチ

 

製作 アンソニー・ミンゲラ/ウィリアム・ホーバーグ/シュテファン・アルント

 

製作総指揮

bookcites.hatenadiary.com

ハーヴェイ・ワインスタイン

 

出演 ケイト・ブランシェット/ジョヴァンニ・リビージ/ステファニア・ロッカ

  

ヘヴン 特別版 [DVD]

ヘヴン 特別版 [DVD]

  • 発売日: 2003/11/14
  • メディア: DVD
 

ヘヴン (映画) - Wikipedia

 

 

関連する作品

当初予定されていた三部作のうちの一つ。「地獄」篇。 

美しき運命の傷痕

美しき運命の傷痕

  • メディア: Prime Video
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com