BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ホットロード」 2014

ホットロード

★★★☆☆

  

あらすじ

 母親からの愛情を感じられない少女が、一人の男と出会う。

 

感想

 干されている能年玲奈だがやはり存在感がある。彼女のおかげで映画がもっているとも言える。ただこの存在感は若さゆえの一瞬のものなのか、それとも今後も放ち続けるものなのかは分からない。それを確認できるような活動を今後も期待したい所。

 

 映画は二人の恋愛関係を描いたというよりも、木村佳乃演じる母親との確執と和解を中心に描いたという印象。暴走族の話や恋愛の話はなにか中途半端さを感じるし、もっと言うと母娘の関係も消化不良の感がある。映像の雰囲気は結構良かったのだが。

 

 

 暴走族については良くわからないのだが、夜中に騒音を撒き散らして走っているのは、警察が巡回しているようなもの?示威行動?彼らは何を守ってるのだろう。そもそも公道は彼らのものでもないわけだし、昼間は一般車が普通に走ってるし。暴力団みたいに金銭的な何かがあるわけでもなさそうだし、意味が良く分からない。ごっこのようなものか。バイクが好きならみんなで仲良く走ればいいのに。迷惑ではあるが。

 

スタッフ/キャスト

監督 三木孝浩

 

脚本 吉田智子

 

原作 ホットロード 1 (集英社文庫―コミック版)

 

出演 能年玲奈/登坂広臣/鈴木亮平/太田莉菜/木村佳乃/小澤征悦/山田裕貴/鷲尾真知子/野間口徹/利重剛/松田美由紀

 

ホットロード

ホットロード

  • 能年 玲奈
Amazon

ホットロード - Wikipedia

ホットロード | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com