BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ライチ☆光クラブ」 2016

ライチ☆光クラブ

★★☆☆☆

 

 町の廃工場でロボットを作り、一人の少女を拉致させた少年グループ。

 

 子供の頃に秘密基地を作り、大きくなってもそのままの少年たち。だからなのか、ロボットを作ったはいいが、女神的扱いをする少女を拉致したり、町を支配するといい出したり、まったくやっていることが意味不明。そういった少年っぽさや、子供っぽさ、もっと言えば黒歴史と言われるような行いをさせて、それを楽しむものなのかもしれないが、目的が見えなさすぎて場面転換もほぼなく、観ていて辛かった。

 

 別に少女を拉致するのにロボットを作らなくても、本人たちが直接やればいいのにと思っていたのだが、それも少年っぽい発想ということなのか。そしてそのロボットと少女との恋がメインの物語らしいことがやがてぼんやりと伝わってきたのだが、今どき、なんの真新しさもない、感情を持ってしまったロボットと少女の交流をベタにやられてもなぁと脱力してしまった。

 

監督/脚本 内藤瑛亮

 

原作 ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

 

出演 野村周平中条あやみ間宮祥太朗池田純矢松田凌/戸塚純貴/柾木玲弥/藤原季節/岡山天音古川雄輝

 

ライチ☆光クラブ

ライチ☆光クラブ

 

ライチ☆光クラブ - Wikipedia

ライチ☆光クラブ(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com