BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「シークレット・パーティー」 2012

シークレット・パーティー (字幕版)

★★★☆☆

 

 運転手を務める男が、ある日カメラを盗む。

 

 無駄な説明もなく、日常を切り取ったようなシーンが続く。登場人物たちの人間関係がなかなか掴めなかったのだが、これは普通なのだろうか。もっと注意深く観ていれば、もしかしたら早い段階でそれを理解できていたのかもしれない。

 

 取り立てて大きな事件も起きず、ただうだつの上がらない男の数日を描いただけの映画とも言える。ただ、ふとしたきっかけでカメラを手にしたことで、登場人物たちのいつもと違った姿や心の内が見えてくる。

 

 しかし、カメラを向けた途端、人々の態度が変わり、心情まで語り出すのは不思議だ。カメラを向けられることで、強烈に自分を意識し始めるからだろうか。鏡の前に立つような、日記を書くような。自分を客観的に見つめることができる。

 

 物語よりも心の内を描いた映画ではあるのだが、シーンからシーンへ割と丁寧に伏線を張ってつないでいたりする。二人の若い女優のセクシーな姿も見られることだし、意外と何回でも繰り返し観られる映画かもしれない。

 

監督/脚本 マーク・L・マン

 

出演 キアヌ・リーブスボヤナ・ノヴァコヴィッチアデレイド・クレメンス

 

シークレット・パーティー - Wikipedia

シークレット・パーティー-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com