BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アニマル・ハウス」 1978

アニマル・ハウス (字幕版)

★★★☆☆

 

 大学内で嫌われているサークルの面々が起こす数々の騒動。

 

 ジョン・ベルーシが大活躍するのかと思っていたが、そうでもなかった。それなりに笑えるコメディ映画。

 

 一番気に入ったのはパーティーでのライブシーン。後の「ブルース・ブラザーズ」を想起させるような面白く、楽しいライブシーンに仕上がっている。もっとこのライブシーンを見たかった。

ブルース・ブラザース (字幕版)

 

 ちなみに登場する「オーティス・デイ・アンド・ザ・ナイツ」は実在するわけではなくこの映画の中だけのバンド。実際に歌っているのもロイド・ウィリアムズで演じるデウェイン・ジェシーは口パクしているだけだそうだ。

www.youtube.com

 

 学生によく見られる、馬鹿馬鹿しいことに情熱を傾けるあの熱意ってなんなんだろう。無意味だからこそ意味がある、みたいな。いつまでもこういう事を楽しめる人間でありたいものだ。

 

 馬鹿馬鹿しさがあふれるラストではあったが、ちょっと馬鹿馬鹿しさが足りない気がした。呆れるほどの馬鹿馬鹿しさが欲しかった。

 

 それからDVDの特典についている登場人物たちのその後をドキュメンタリー風で見せる演出が面白かった。

 

監督 ジョン・ランディス

 

出演 ジョン・ベルーシ/ティム・マシスン/ジョン・ヴァーノン/ピーター・リーガート/ブルース・マッギルカレン・アレン/トム・ハルス/スティーヴン・ファースト/マーク・メトカーフ/ケヴィン・ベーコン/ジョン・ヴァーノン/ドナルド・サザーランド/デウェイン・ジェシー

 

アニマル・ハウス - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com