BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「フェア・ゲーム」 1995

フェア・ゲーム(1995) (字幕版)

★★★☆☆

 

 何者かに命を狙われる女弁護士と、彼女を護衛する刑事。

 

 タフないい男とセクシーな女、派手な爆破シーンと、典型的ないかにもなアクション映画。意外と最近こういう映画は見なくなったかもしれない。

 

 当時にこれを見れば、悪役たちはハイテクを駆使した犯罪集団に見えたのだろうが、今だとそんなにすごいとは思わない。この時代からものすごくテクノロジーが進化しているということだ。

 

 メインの二人は不死身かと思うほどほぼ無傷なのに、周りはばったばったと死んでいく。この手の映画ではありがちだけど、ちょっと無慈悲すぎる。そんな中でまだ事件も解決してないのに、二人はイチャつきあったり。

 

 あまり難しいことを考えず見られる映画ではあるが、ラスボスとちゃんと戦うとか、クライマックスをもっと盛り上げてほしかった。

 

監督 アンドリュー・サイプス

 

原作 逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

出演 ウィリアム・ボールドウィンシンディ・クロフォード/クリストファー・マクドナルド/ミゲル・サンドバル/サルマ・ハエック

 

フェア・ゲーム (1995年の映画) - Wikipedia

フェア・ゲーム-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com