BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「みなさん、さようなら」 2013

みなさん、さようなら

★★★☆☆

 

 小学校卒業後、商店街があるような大きな団地の中だけで生きていくと決めた男。

 

 最初に出来たての頃の団地を紹介する映像が流れ、「まるでヨーロッパの街並みのよう」というナレーションが入り、とんだ大嘘だな、と笑ってしまった。だけど当時の人はそれを真に受けてしまうほど、団地に夢を見ていたということなのだろう。

 

 小学校卒業後、団地の外に出ないと決意して中学にもいかず、その後は団地内の洋菓子店で働き始めた主人公。ちゃんと将来のことも考え、そのうえでそう決意したのだから、何も考えていないニートとはその点で一線を画す。それでも団地内で青春時代に色々な経験を出来たのは、運が良かったという部分が大きいだろう。そのバックで流れるエレカシの「さらば青春」が沁みる。

www.youtube.com

 

 正直この辺りがピークで、その後の一時間強はしんどかった。主人公が団地を出ない理由も明らかになり20代を迎えると、あまり変化もなくなり段々興味が失せてしまった。まるで寂れていく団地と同じような運命を映画もたどるのが皮肉にも感じた。

 

 主演の濱田岳をはじめ、波瑠や田中圭がいい演技を見せている。濱田岳はアクの弱い武田鉄矢に見える瞬間があった。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

原作 みなさん、さようなら (幻冬舎文庫)

 

出演 濱田岳倉科カナ永山絢斗/波瑠/田中圭ベンガル/大塚寧々/安藤玉恵

 

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら

 

みなさん、さようなら (小説) - Wikipedia

みなさん、さようなら | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com