BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「湯を沸かすほどの熱い愛」 2016

湯を沸かすほどの熱い愛

★★★☆☆

 

 夫が蒸発し、家業の銭湯を休業している妻は、自らの余命がわずかしかない事を知る。

 

 ストーリー的にラストはどうなるかわかる映画ではある。それまでに主人公が、残された家族のために何が出来るか、という話。当然、出来る限りのことをしようとする。

 

 確かに主人公のその姿に心打たれるのだが、見ていて楽しくないというか、つらいというか。主人公の愛が大きすぎるというか。いじめを苦に学校に行きたくないという娘に、主人公は無理やり行かせる。一回休むと二度と行けなくなってしまうし、自分で何とか状況を打開しないといけない、という意図だろう。たしかに正論なのだが、正論すぎてしんどい。

 

 主人公の愛がこんな感じで、まるで乗り越えられるものしか試練を与えないという神のような愛ばかり。だけど、愛ゆえに甘やかしすぎて駄目にしてしまう、みたいな人間味も欲しかった。正直、身近に神様みたいなことしか言わない人間がいたら、多分嫌いになると思う。

 

 映画のタイトル通り、熱い愛は感じることは出来たのだが、人間愛ばかりでいちばん身近な夫婦の愛とかはそれでいいの?という気もしないではない。

 

 関係ないが、オダギリジョーは頼りないダメな父親を何度も演じているような気がする。

 

監督/脚本 中野量太

 

出演 宮沢りえ杉咲花/伊東蒼/松坂桃李オダギリジョー駿河太郎/りりィ

 

湯を沸かすほどの熱い愛
 

湯を沸かすほどの熱い愛 - Wikipedia

湯を沸かすほどの熱い愛 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com