BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「セトウツミ」 2016

セトウツミ

★★★★☆

 

あらすじ

 放課後の時間を川べりに座って駄弁りながら過ごす二人の男子高生。

 

感想

 ほぼ舞台は川べりで繰り広げられる会話劇。そしてその会話のスタイルは漫才方式と言っていいだろう。まぁまぁ面白いのだが、時折あまりにも漫才過ぎて、素人が漫才の真似事をしているのを見た時のような、気恥しさを感じる瞬間がある。

 

 そしてほぼ同じ場所で繰り広げられる会話劇という事で、若干の飽きも出てくる。場所を変えれば少しは違うのかもしれないが、放課後にいつもの場所でいつものようにくだらない会話を繰り広げる高校生、というコンセプトがブレてしまう。そのあたりは何度かあいだに川べり以外の場面を挟んで、メリハリをつけている。本当は1回10分くらいのサイズでたくさん作れば、暇なときにだらだらと観るのに良さそうだ。

 

第01話

第01話

 

 別のキャストで各話30分のドラマ版もある。見ていないのでわからないが、30分でも長過ぎて、飽きが来てしまうような気がする。 

 

 時間が経つにつれ、それぞれの会話の序盤に小さな前振りをしておいて、最後にそれでオチをつけて落とす、というだいたいのパターンも見えてくる。それでも、漫才ではないので、途中で別の人物や猫を登場させて変化をつけたりして、座持ちするような工夫を凝らしている事が良く分かる。そして、それぞれの会話が単発ではなく、映画全体としても何となくまとまりのあるものにしていて、なかなか悪くない構成だ。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 大森立嗣

 

原作 セトウツミ コミック 全8巻セット

 

出演 池松壮亮菅田将暉中条あやみ

 

セトウツミ

セトウツミ

 

セトウツミ - Wikipedia

セトウツミ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com