BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「馬鹿まるだし」 1964

馬鹿まるだし

★★★☆☆

 

あらすじ

 一晩泊めてもらった寺の長男の妻に惚れ、その町で暮らし始めた男。シリーズ第1作。

 

感想

 戦後間もない瀬戸内の町が舞台。子どもたちが集まって遊んでいるシーンがあるのだが、それが五寸釘を地面に突き刺していくゲーム。なんて恐ろしい遊びなのだと怖かった。ただ、モノのない時代だった当時のよくある遊びのようで、こういう感情を持ってしまうのは、現代ならではという事なのだろう。しかし、当時の子どもたちは五寸釘を持ち歩いたり、お気に入りの五寸釘があったりしたのだろうか。

 

 主人公は頭は良くないが人のいいシベリア帰りの男。皆のために庭に木蓮の花を植えたり、何かを頼まれたら喜んで応えようとするような男だ。そんな男が巻き起こすドタバタ喜劇、なのだが、そんなに笑える場面は無かったりする。これは50年以上も前の作品なので仕方がないのかもしれない。

 

 

 個人的にはハナ肇には良く分からないおじさんというイメージだったので、若い頃はこんなたくましいワイルドな雰囲気だったのかと意外だった。その後の「男はつらいよ」シリーズに登場する役者たちも皆若い。当たり前のことだが、誰にでも若い頃はあるのだなと感慨深くなる。

 

 おそらく当時の人たちは主人公の善良で愚直、そして豪快な部分を痛快に感じたのだろう、という気はした。シンプルで分かりやすく、観ていて気持ちがいい。いつの時代の人も、こんな生き方がしてみたいと思いながらも、それが出来ずに日々を暮らしているという事なのかもしれない。

 

 陽気な感じで進んでいた物語が、終盤に少ししっとりするのが山田洋次監督らしさがある。前振りがしっかり利いた場面もあって、上手くまとめられている。渥美清も出演しているが、映画全体が「男はつらいよ」につながっていくその片鱗を感じられる作品となっている。

bookcites.hatenadiary.com

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 

bookcites.hatenadiary.com

 

脚本 加藤泰

 

出演 ハナ肇/桑野みゆき/犬塚弘/桜井センリ/安田伸/長門勇/三井弘次/花沢徳衛/長谷川竜男(竜雷太)/藤山寛美/植木等/石橋エータロー

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 山本直純

 

馬鹿まるだし

馬鹿まるだし

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

馬鹿まるだし - Wikipedia

 

 

関連する作品

次作 シリーズ第2作

いいかげん馬鹿

いいかげん馬鹿

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com