BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「帰ってきたヒトラー」 2015

帰ってきたヒトラー(字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 現代にタイムスリップしたヒトラーは、テレビ出演をきっかけに人気者となっていく。 

 

感想

 ナチスドイツの総統として振舞うヒトラーと現代のドイツ人が交わることで浮き彫りになるギャップや感覚の違いを楽しむコメディ映画なのだが、全然噛み合わないというわけでもなく、むしろ現代人にそれなりの共感が生じてしまっていることにゾッとしてしまう。勿論面白いのだが、どこかで単純に笑ってはいられないなという、うすら寒い感覚がある。 

 

 きっと当時も、ヘンな人だけど言ってることは一理あるよな、おかしな事言ってないよな、みたいな感覚で少しずつ支持を集めていったのだろう。彼のやり方は、時勢や情勢が合えば、人々に受け入れられる可能性のある普遍性を持ったものだという事を教えてくれる。

 

 

 ヒトラーが外に出て世間の人たちと会話するシーンは、アドリブ形式で撮影されたそうだが、普通のおばさんとかが無邪気に外国人排斥の意見を言っていたりして、すごいなと思ってしまった。日本だったら「自分はただの日本を愛するどこにでもいる普通の日本人なんですが…」というよく分からない長いエクスキューズで前置きをしてからでないと、そういうことは言わないような気がする。無邪気に本心を言うのと、防御線を張らないと本心を言えないのと、どっちが良いのか悪いのか、よく分からないが。

 

 しかし、ヒトラーはもっと人々の拒否反応を引き起こすものかと思っていたので、町の人たちのそうでもない反応が意外だった。単純にヒトラーが登場するのは良くて、鉤十字のマークがついていたら駄目とか、そのあたりのタブーの線引きが良く分からない。結局は、賛美する内容になっていないかなどの中身が重要という事なのか。

 

 テレビ出演したヒトラーは、意外にも世間で人気となる。彼自身の大衆への接し方は、総統感を出しながらもかなりまともな対応。確かにそうでないと大衆の支持は得られなかっただろうなと思わせられた。それに対して、彼に思想的に近いはずの極右政党や積極的な支持者に対しては、かなり手厳しい対応をしていたのは、かなり皮肉が効いていた。彼から見れば、子どもの兵隊ごっこ並みの、モノマネしているだけの偽物にしか見えなかったのだろう。

 

 これは確かに的を得ているような気がする。日本でもヒトラーのような過激な発言をする人がいるが、彼らは皆批判されると逃げるか無視するか、論点をずらすか罵倒するか、もしくは急に被害者面をし出すかで、まともな議論をしようとせず、信念がない事だけがよく分かる。多分本物が一番忌み嫌うタイプだろう。ヒトラーがネオナチに襲われるとか、もう笑うしかないが、彼らならそういう卑怯なことをやりそうである。

 

 そういった風刺の効いた笑いだけでなく、ヒトラーを発見した男がなぜか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公ぽい衣装を聞いていたり、個人的には本編を見ていないので詳細は分からないが、「総統閣下はお怒りの様子です」ネタでおなじみの「ヒトラー 〜最期の12日間〜」のパロディーもあったりして、単純に笑えるシーンもある。笑いの種類が豊富で感心してしまった。

 

 それでいて、現代でもナチスドイツのような事が起こり得る、という警鐘も鳴らしていて、本当によく出来ている。あまり誰も拒絶反応を示してないが、ホロコーストの件はどうなのと少しひっかかっていたのだが、それもおばあさんが突然激怒するシーンがあって、逆にインパクトのある効果を生み出していた。

ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版)

ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 その後早速、ヒトラーをムッソリーニに置き換えたリメイク映画が作られたようだが、もし日本版を作るとどうなるのだろう。そもそもヒトラーの代わりは東条英機?もしくは昭和天皇?誰になるのだろうか。昭和天皇でやったら騒動が起きそうなのは分かるが、誰でやるにしろ、面白くはならなさそうだ。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 ダーヴィト・ヴネント

 

原作 帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫)


出演 オリヴァー・マスッチ/ファビアン・ブッシュ/カッチャ・リーマン/クリストフ・マリア・ヘルプスト/フランツィスカ・ウルフ/トーマス・ティーメ

 

帰ってきたヒトラー(字幕版)

帰ってきたヒトラー(字幕版)

  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: Prime Video
 

帰ってきたヒトラー - Wikipedia

 

 

登場する人物

bookcites.hatenadiary.com

 

 

関連する作品

ヒトラーをムッソリーニに置き換えたリメイク作品 

帰ってきたムッソリーニ(字幕版)

帰ってきたムッソリーニ(字幕版)

  • 発売日: 2020/03/03
  • メディア: Prime Video
 

 

  

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com