BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「あおい」 2004

あおい (小学館文庫)

 

 表題作はふらふらとしていた主人公が、田舎の夜の山道で倒れこんでから力強く立ち上がり、まっすぐに進んでいくのが印象的。

 

 面白いTシャツを着ている人は好きだな。面白いでしょ?みたいな感じじゃなくて普通にそれを着ちゃえる人が。

 

 「空心町深夜二時」はなんだか、上田正樹とかBOROの歌を聞いているような気分になった。リズムも良くて。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

あおい (小学館文庫)

あおい (小学館文庫)

 

 

広告を非表示にする