BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「さらば雑司ヶ谷」 2009

さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)

★★★★☆

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

  

 5年ぶりに帰ってきた雑司ヶ谷はすっかり変わっていた。

 

 話の筋としてはなんてことないが雑談のような物語の隙間を埋める話が面白く、読むのが止められなくなる。正直、あまり軽々しく有名人の名前が出てきてしまうとひいてしまうところがあるのだが、節操のないところが逆にこちらが呆れて許してしまうというか。

 

 しかし、こういったハードボイルな話で男色に傾いてしまうのはなんなんだろう。男の世界だから恋愛ごとも男だけで済ませたくなってしまうからなのだろうか。なるべく女は出したくない的な。

 

さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)

さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)

 

 

登場する作品
さよならなんて云えないよ

さよならなんて云えないよ

 

 

ラブリー

ラブリー

 

 

登場する人物

ジョン・レノン / オノヨーコ / ビートルズ / ピカソ / 手塚治虫 / ジャン=リュック・ゴダール / マイルス・デイビィス / 小沢征爾 / 小沢健二 / タモリ

 

「さらば雑司ヶ谷」に関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする