BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「スター・ウォーズ エピソードⅥ ジェダイの帰還」 1983

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(字幕版)

 

内容

 旧3部作の最後の作品。エピソード6。

 

感想

 C-3POがイウォーク族にこれまでの経緯を話すシーンがうまい。焚き火を囲み、まるで語り継がれてきた神話を話すような雰囲気。イウォークの言葉で語るため具体的にC-3POが何を語っているのかは分からない。かろうじてハン・ソロ等の固有名詞とC-3POのボディーランゲージから推測できるのみ。この構図が秀逸。

スター・ウォーズ Voice&Music Plush ウィケット ぬいぐるみ 座高 23cm

スター・ウォーズ Voice&Music Plush ウィケット ぬいぐるみ 座高 23cm

  • 発売日: 2015/12/17
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 具体的な言葉で語られているわけではないので、それぞれの頭の中で聞き取れた固有名詞と理解できたボディランゲージで再構成するしかない。その結果、何か自分で作り上げたオリジナルで特別な神話を観ている様な気分にさせる。もちろんクライマックスを前にこの三部作を振り返る、おさらいの機能も果たす。

 

 こんなに人気の出た作品なのに、単純に分かりやすく、悪役であるダース・ベイダーと決闘し勝利を得る、といったストーリにしなかったのもすごい。あんな深みのある結末なんて。それが逆に今でも人を惹きつける要素でもあるのだろう。

 

 

 帝国軍と戦っている最中、ついさっきまで共に戦っていた仲間が死んでしまって途方に暮れてしまうイウォークのシーンは心に残る。こういったいわゆる端役まで丁寧に描いていることも人気の理由だし、キャラクター商品が売れまくる秘訣でもあるのだろう。

 

スタッフ/キャスト

監督 リチャード・マーカンド

 

脚本/原案 ジョージ・ルーカス 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

マーク・ハミル/キャリー・フィッシャー/アンソニー・ダニエルズ/ビリー・ディー・ウィリアムズ/イアン・マクダーミド/キャロライン・ブラキストン/ケネス・コリー/デニス・ローソン/ジェレミー・ブロック

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 ジョン・ウィリアムズ

 

編集 ショーン・バートン/マーシャ・ルーカス/デュウェイン・ダンハム

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(字幕版)
 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 - Wikipedia

 

 

関連する作品

前作 旧三部作 エピソード5

bookcites.hatenadiary.com

 

次作 新三部作 エピソード1

bookcites.hatenadiary.com

 

続三部作 エピソード7

bookcites.hatenadiary.com

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com