BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「陽炎」 1991

陽炎 [DVD]

★★★☆☆

 

 乗っ取られた義理の弟の料亭を取り戻すために、女胴師が勝負を挑む。

 

 何かの博打をやっているのだがそのルールがよく分からないので、全然そのシーンが楽しめなかった。大勝負の結果が出て一同が息をのんでいても、誰かが何かを言ってくれないとどっちが勝ったか分からない状態。調べてみたら「手本引き」とかいうものらしいのだが、これはどれくらいの人が知ってる賭博なんだろうか。公開当時の人々は当然知っていたということか。

 

 高品格が異彩を放っていた。見かけはただの年とったおじいさんなのに、追手から見知らぬ若者を匿ったり、人を殺したり。かといってまったく自己顕示欲もなく、ぼそぼそとしゃべりながら去っていく。得体のしれない恐ろしさが感じられた。

 

 仲代達也はいつの間に樋口可南子に惚れたんだろうかとか、ラストの樋口可南子が強すぎない?とか、本木雅弘ダメ人間過ぎるだろう、とかいろいろ言いたくなる映画ではあった。

 

監督 五社英雄

 

出演 樋口可南子/荻野目慶子/本木雅弘/かたせ梨乃/岩下志麻高品格

bookcites.hatenadiary.com

 

陽炎 [DVD]

陽炎 [DVD]

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com