BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「女囚701号/さそり」 1972

<東映オールスターキャンペーン>女囚701号さそり [DVD]

★★★★☆

 

 愛した男に騙され刑務所に入れられた女が、看守や他の女囚に目を付けられ虐げられながらも耐え、裏切った者たちへの復讐の念を募らせる。

 

 君が代、日の丸の掲揚から始まり、主人公の脱走未遂から映画タイトルの表示、そして主題歌とともに身体検査のために全裸の女囚たちが行進するシーンが続くという一連の流れで、オープニングから惹き付けられる。つかみはOKといったところ。

 

 表情を隠すような長い黒髪とそこから覗く鋭い目。主演の梶芽衣子はほとんど台詞はないのに圧倒的な存在感を放ち、その睨みつけるような眼差しだけで何事にも屈しない意志の強さが伝わってくる。ただ、積極的な行動に出るわけではなく、反抗的な目をするだけで、実際には黙々と理不尽な命令に耐えているというところは、日本人ぽい。だけどそれだけじゃなく、自分を騙した男に、復讐のためになぜか半裸で襲いかかる狂気を感じさせる一面や、囚人になりすまし懐柔しようとした女刑務官を色仕掛けで骨抜きにしてしまう男らしい?一面もあったりする。

 

 映画の前半は女囚同士の対立や刑務官と女囚の対立が描かれていて、それほど主人公が目立っているわけではなく、女の刑務所で起きていそうなことを描いている印象がある。穴を掘っては埋めるという単純作業を、様々なパターンで推してくる警務官たちの懲罰的な嫌がらせや、主人公と反目する囚人がまるで妖怪のように襲いかかるシーンなどはちょっと笑えた。

 

 やがて刑務所内のどさくさに紛れて脱走し、男たちに次々と復讐を果たす主人公。それまでほぼ耐える一辺倒だっただけに、主人公がセリフもなく静かに淡々と復讐していくのを観ているだけでも胸のすくものがあった。大きな帽子にサングラス、全身黒づくしの衣装は逆に目立つだろうとは思うが、その佇まいには格好良さがある。

 

 床の下から見たような映像や独特の色使い、主人公の立ち姿の全身を横倒しにして横長の画面いっぱいに映し出したりと、凝った映像表現も見られて面白かった。期待しがちなお色気シーンも勿論あるが、全体としては硬派な雰囲気の映画となっている。

 

 冒頭の君が代、日の丸掲揚のシーンの後で国家による表彰状が踏みにじられたり、シーツが血で日の丸ににじむシーン、ラストのナイフが高く舞い上がり、はためく国旗の前できらめくシーンなどは、権力を振りかざす傲慢な者たちへの反発を示しているようにも感じられた。

 

監督 伊藤俊也

 

原作 さそり (1)

 

出演 梶芽衣子夏八木勲渡辺やよい/扇ひろ子/根岸明美/横山リエ/伊達三郎室田日出男小林稔侍/たこ八郎

 

<東映オールスターキャンペーン>女囚701号さそり [DVD]

<東映オールスターキャンペーン>女囚701号さそり [DVD]

 

女囚701号/さそり - Wikipedia

女囚701号 さそり-動画[無料]|GYAO!|映画

 

関連する作品

次作 

女囚さそり 第41雑居房 [DVD]

女囚さそり 第41雑居房 [DVD]

 

  

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com