BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「地獄門」 1953

地獄門 【デジタル復元版】 [DVD]

★★★☆☆

 

 平治の乱の際に出会った女に好意を持った男は、女が既婚であることを知るが、それでも強引に結ばれようとする。

 

 男が女に好意を持つのは理解できるのだが、既に結婚しているから諦めろと言われても頑なに諦めないのが往生際が悪い。女も好意をもっているというわけでもなく、普通に迷惑に思っている。さらには女やその身内を脅したり、その夫を殺害しようとしたり。現代なら普通に事件の案件。

 

 思い通りにならないと我慢ができない、まるで駄々をこねる子供のような主人公だが、あることがきっかけでようやく自分の愚かさに気づく。でも気づくのが遅すぎる。もっと言えば、もしそれがなかったらそのまま幸せに暮らしていたのかと。どちらにしても自分勝手な男だという結論になってしまう。

 

 そんな我儘な主人公とは対照的な、女の夫の大人な対応が心を打つ。決して優位な立場を利用して主人公を罵倒したり侮辱したりせず、常に対等に接し、事件の後も理性的に振る舞った。

 

 物語としては悲劇的なストーカー事件といったところだが、艶やかな衣装や小道具のカラー映像が素晴らしい。華やかな映像に見入ってしまった。長谷川一夫京マチ子もふくよかな顔立ちで、それも平安時代ぽかった。

 

監督/脚本 衣笠貞之助

 

原作 袈裟の良人

 

出演 長谷川一夫京マチ子殿山泰司

 

音楽 芥川也寸志

 

地獄門 【デジタル復元版】 [DVD]

地獄門 【デジタル復元版】 [DVD]

 

地獄門 - Wikipedia

地獄門-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com