BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サルたちの狂宴」 2018

サルたちの狂宴 上 ーーシリコンバレー修業篇

★★★★☆

 

内容

 ウォール街からITの世界に飛び込んだ著者の奮闘ぶり。

 

感想

 上下2巻からなる本で、「シリコンバレー修行編」「フェイスブック乱闘編」とサブタイトルが付けられており、上下で内容が大分変わる。上巻は著者がどのようにIT起業に至ったか、そしてスタートアップ企業の内実などが描かれ、下巻ではフェイスブックで働くことになった著者による、大企業フェイスブック内の様子が描かれている。

 

 上巻で印象に残ったのは起業家を育てるスタートアップファンド「Yコンビネータ」の存在。スタートアップ企業を短い期間で集中的に指導しているのだが、そこで起業家同士が交流して刺激を与えあい、さらに成功したOBとの交流によって、経験不足を補うための知見を得ることができ、業界の実力者たちとの人脈を作ることも出来る。

 

 

 それだけでもかなりのメリットがあるのだが、それだけではなく、たくさんの企業を輩出している実績を背景に、OBを束ねて業界内でも力を持った集団としてかなりの影響力を持っている、というのも大きい。将来有望なスタートアップ企業に、不実な行いをするベンチャーキャピタルがいるとOB起業たちが一丸となって取引停止などを行い、彼らを排除しようとする。困ったことが起きた場合にYコンビネーターに相談すれば、用心棒的なことまでしてくれるというわけだ。右も左も分からない起業家たちにとっては頼もしい存在となる。

 

 スタートアップ企業を売却し、そこから自分ひとりだけ抜けてフェイスブックに入社した著者。一緒に創業した仲間との関係がギクシャクしたものになってしまう所とか、この辺りはよくあるプロを目指すバンドのデビューの話を連想してしまう。

 

 CEOから社員へ、というのはなんだか急に夢がなくなったような気もしないではないが、フェイスブックという何億人ものユーザーを抱える企業においては、自分がやったことが一国の大統領でも敵わないくらいの多くの人に影響を与えることが出来る。そう考えると、かなり魅力的なことなのかもしれない。

 

 そしてフェイスブックという業界の巨人といえども、その内実は最先端のテクノロジーを駆使しているわけではないというのは興味深い。もともと金儲けに関心が薄かったということがあるのかもしれないが、マネタイズの部分が全然なっていないと著者は憤る。著者が上層部に訴えかけてもその内容を理解できているようには見えず、社内政治がものをいうというのは、まるでどこにでもある停滞感のある大企業のようだ。

 

 ただそんな状況になりつつあるのは認識しているようで、対策としてスタートアップ起業を立ち上げるような気骨のある著者のような人物をスカウトしている、というのは流石だ。ちゃんと常に危機感を覚え、対策は打ってある。これがいずれ駄目となっていく起業との違いなのかもしれない。駄目になりそうでも、いくつか打った策の一つが窮地を助けてくれる。

 

 このフェイスブックでの話が中心となる下巻は、著者が担当した広告事業の話がかなり詳細に語られていて、興味のある人にはちょっとした授業のようで面白いかもしれないが、そうでない人にはちょっとつらいかもしれない。

 

 様々な引用を用いながら語られる話は面白く、引き込まれる。そして、かなり踏み込んだプライベートの話まで語られていて、それ大丈夫なの?と変に心配してしまう部分もあった。

 

シニカルな人間はみな、内面では失望し悲しみを抱えた理想主義者なのだ。

下巻 p249

 

 著者が関わった人々に対して、時としてかなり辛辣に評したりもしていて、それだけ彼は情熱を持って仕事をしていたんだな、ということがひしひしと伝わってくる。日本のIT業界とは様相が違うのかもしれないが、どういった人間たちがIT業界に集い、どんな人間ならやっていけるのか、そんな事が雰囲気として良く分かる本となっている。

 

著者

アントニオ・ガルシア・マルティネス

 

サルたちの狂宴 上 ーーシリコンバレー修業篇

サルたちの狂宴 上 ーーシリコンバレー修業篇

  • 作者: アントニオガルシアマルティネス,Antonio Garcia Martinez,石垣賀子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
サルたちの狂宴 下 ――フェイスブック乱闘篇

サルたちの狂宴 下 ――フェイスブック乱闘篇

  • 作者: アントニオガルシアマルティネス,Antonio Garcia Martinez,石垣賀子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/06/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

道徳感情論 (講談社学術文庫)

ライアーズ・ポーカー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

夜 [新版]

博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか (字幕版)

スペクタクルの社会 (ちくま学芸文庫)

自省録 (岩波文庫)

青ひげ (ハヤカワ文庫SF)

タイタニック (字幕版)

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

ターミネーター (日本語吹替完全版) スチールブック仕様 [Blu-ray]

フルメタル・ジャケット (字幕版)

アーサー・ミラー〈1〉セールスマンの死 (ハヤカワ演劇文庫)

日はまた昇る (新潮文庫)

ヴェニスの商人 (新潮文庫)

哲学の慰め (岩波文庫 青 662-1)

君主論 - 新版 (中公文庫)

bookcites.hatenadiary.com

28日後... [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

戦史 (中公クラシックス)

サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)

bookcites.hatenadiary.com

The Story of the Malakand Field Force (Unabridged): An Episode of Frontier War (English Edition)

ポリュビオス 歴史〈1〉 (西洋古典叢書)

影なき狙撃者 [DVD]

オルテガ著作集 (6)「愛について」

ジュリアス・シーザー (新潮文庫)

「ストレート・フラッシュ」 サマセット・モーム

ハーケンクロイツ ネオナチの刻印 [VHS]

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

「君主論」 アルトゥル・ショーペンハウアー

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

「サンクエンティン刑務所でサッカーの試合をした日」 ポー・ブロンソン

オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)

Experience

予言がはずれるとき―この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する (Keiso communication)

ウェブはグループで進化する

パットン大戦車軍団 (字幕版)

荒野、わが故郷 (アメリカン・ネーチャー・ライブラリー)

ハングオーバー!!! 最後の反省会(字幕版)

bookcites.hatenadiary.com

チェスの話――ツヴァイク短篇選 (大人の本棚)

bookcites.hatenadiary.com

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

カサブランカ (字幕版)

歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

から騒ぎ シェイクスピア全集 17 (17) (ちくま文庫 し 10-17)

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

フェイスブック ---子どもじみた王国

「ブルフィンチの神話」 トマス・ブルフィンチ

bookcites.hatenadiary.com

失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2)

終わりよければすべてよし (白水Uブックス (25))

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com