BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ビッグ・アイズ」 2014

ビッグ・アイズ(字幕版)

★★★★☆

 

 自分が描いた絵を、社交的で口の上手い夫が自分の絵として売り込むことで成功するも、ばれないようコソコソしなければいけないことに苦悩する女。画家マーガレット・キーンの実話を基にした映画。

 

 絵を描くことは好きだが、興味を持ってくれた人にアピールするのが苦手な主人公。そういう人だからこそ、絵を描くことが好きなのかもしれないが、それを夫が上手く売り込むことで成功していく。ただし、夫が自分を描いたことにして。単純に妻が書いたんですよーと言いながら売り込めばよかったのだと思うが、彼自身も画家というプライドがあったのだろうし、目立ちたがり屋なだけに注目も浴びたかったのだろう。分からなくはない。

 

 主人公も勝手に作者を騙ることに文句をぶつけるが、いざ名乗ろうとすると内向的な性格のせいでそれができない。代わりに目の前で夫が名乗るのを許してしまったシーンが何とも切ない。そこから彼女のゴーストペインターとしての生活が始まる。しかし、こうなってくるとアートには作品以外の要素も重要という事になってしまうなと複雑な思いにもなる。

 

 夫は上手く商売として軌道に乗せ、有名人として著名人たちと華やかな交際をし、妻は娘にすら隠れて、部屋にこもり絵を描き続ける。酷い話だが、こういう社会性のない才能のある人間を搾取して、上手いことやっている世渡り上手な人間は世の中に山ほどいるのだろうなと想像してしまう。搾取される側も、最初はそれでも自分の才能が世間に認められたと、嬉しく思うものなのかもしれない。

 

 世間を騙して有名人となった夫。画家に憧れていたとは言っていたが、自分が描いてもいない絵で画家扱いされても、満足できるのか?と思ってしまうが、彼は画家に憧れていたのではなく、有名アーティスト的生活に憧れていただけなのかもしれない。妻がいなければ自分の立場は危うくなるのに、妻を脅しつけてコントロールしようとするのはなかなか根性がある。

 

 ただ、彼の宣伝やセールスといった商売の才能が、彼女の絵を有名にして、人気のあるものにしたというのは認めざるを得ない部分がある。そう考えると、やっぱり正直にやるのが正解だったのだろう。ただ彼の力が必要だったのは、最初の世間に知らしめる部分だけで、一度世間に知られた後は彼女の実力でやっていけるような気もした。

 

 主人公が遂に自分が絵の作者だと主張して、夫との裁判となるラスト。嘘がバレる時の人間の可笑しみを凝縮したような夫の言動が面白い。夫役のクリストフ・ヴァルツが生真面目な顔してコミカルに演じている。少し痛々しさも感じながら、ある意味で、この夫も生き様がアートしていると言えるのかもしれないなぁとぼんやりと思った。

 

 映画は晴れてハッピーエンドを迎えるが、思っていた画家と違う人間が描いた絵を買った人々や真実を知った世間の反応も知りたかった。

 

監督/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

脚本/製作 スコット・アレクサンダーラリー・カラゼウスキー

 

出演 エイミー・アダムスクリストフ・ヴァルツダニー・ヒューストンテレンス・スタンプ/クリステン・リッター/ジェイソン・シュワルツマン/ジョン・ポリト/ジェームズ・サイトウ

 

音楽 ダニー・エルフマン

 

ビッグ・アイズ(字幕版)

ビッグ・アイズ(字幕版)

 

ビッグ・アイズ - Wikipedia

ビッグ・アイズ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com