BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブレードランナー 2049」 2017

ブレードランナー 2049 (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 製造禁止となったレプリカント(人造人間)を探し出して抹殺する任務をこなす新型レプリカントの男は、新たにレプリカントの産んだ子供を探し出すよう命じられる。163分。

 

感想

 ロボットがロボットを探し出して破壊する世界。おそらく今でもロボットをメンテナンスするロボットはいるのだろうから別に不思議ではないのか。ただこうやってロボットだけで完結する社会が広がっていくと、なんだか不安を感じてしまうのは分からないでもない。しかしレプリカントである主人公が、ヴァーチャルな女性に癒しを求めている時点でだいぶ人間味がある。ここまでくるともはや人間とロボットの境目は何なのか、よく分からなくなる。

 

 そんなレプリカントが赤ん坊を生んだことがあるらしいという事実が判明し、社会の混乱を恐れて内密に見つけ出し抹殺する事を命じられた主人公。一方で、供給不足に悩むレプリカント会社は、レプリカントがレプリカントを生む技術を手に入れたいという別の理由でこの件に注目し、両者は対立することになる。

 

 

 だがロボットがロボットを生み出す技術は、そんなに難しくないような気もしてしまう。単純にロボットに自分と同じ部品を入手させて組み立てさせればいいだけだ。もしくはロボット製造工場で働くロボットを作ればいい。ただレプリカントは、いわゆるメカメカしい無機的なロボットではなく、中身まで人間と同じような有機的なものだからそれが難しいという事なのだろう。

 

 3時間近い映画で、多少はその長さを感じないではないが、そこまで体感時間は長くなかった。前作同様に暗く重いトーンではあるが、蜂や娼婦のくだりなど随所で事前に伏線というか細かいバイアスがかかるようにしてあって、ストーリーをすんなりと受け入れやすくしてある。映像も見とれてしまうほどに美しく、映画館映えしそうだ。そして何よりも「それはお前を食べるためだよ」みたいな、急に話の矛先が自分(主人公)に向かってくる展開はドキドキして良い。

 

 前作の主人公、ハリソン・フォード演じる男が登場したときはかなりテンションが上がったが、そこをマックスに終盤は少し停滞してしまった印象だ。しかしハリソン・フォードは、過去に快活なキャラで名作に登場しすぎたせいで、現在の続編ブームの中で老体に鞭を打たれまくっているのは少し気の毒だ。

bookcites.hatenadiary.com

 

 敵役であるシルヴィア・フィークス演じる女がなかなかの憎たらしさを見せていて、映画を盛り上げてくれる。顔認証のために殺した女を持ち上げた後、無造作に手を放すシーンは面白かった。ただ彼女もレプリカントだ。レプリカントの主人公がレプリカントと戦い、命がけで人間を助ける展開に、ますますロボットと人間の境目が分からなくなる。そもそもロボットを人間に似せる必要があるのかというのもあって、この映画もレプリカントがすべて猫型ロボット「ドラえもん」だったらまた印象は変わるのだろうなと思ったりした。

 

スタッフ/キャスト

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ

 

製作 アンドリュー・A・コソーヴ/ブロデリック・ジョンソン/バッド・ヨーキン/シンシア・サイクス・ヨーキン


製作総指揮

bookcites.hatenadiary.com

ティム・ギャンブル/フランク・ギストラ/イェール・バディック/ヴァル・ヒル/ビル・カラッロ


出演 ライアン・ゴズリング

bookcites.hatenadiary.com

アナ・デ・アルマス/シルヴィア・フークス/ロビン・ライト/マッケンジー・デイヴィス/カーラ・ジュリ/レニー・ジェームズ/デイヴ・バウティスタ/ジャレッド・レト

 

音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ/ハンス・ジマー

 

ブレードランナー 2049 - Wikipedia

ブレードランナー 2049 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

前作

 

映画公開前に配信された前日譚「ブレードランナー ブラックアウト2022」

www.youtube.com

 

映画公開前に配信された前日譚「2036: ネクサス・ドーン」

www.youtube.com

 

映画公開前に配信された前日譚「2048: ノーウェア・トゥ・ラン」

www.youtube.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com