BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ももいろそらを」 2012

ももいろそらを

★★★☆☆

 

あらすじ

 大金の入った財布を拾った女子高生は、友人と共に持ち主の男子高生に届けに行く。

 

感想

 主人公のキャラクターが独特。対人能力に問題があってキャラを演じることで誤魔化しているような、そんな喋り方。他の登場人物たちもそんな彼女に少し似ていて、独特の世界観を醸し出している。分かりやすく言えば、アニメのキャラクターを実写でやってみたようなアニメ的な雰囲気。

 

 つまりは主人公はオタクっぽいという事なのだが、独特ではあるが見たところオタクっぽい要素は無くて、なんでこんな風になったのだろうと訝しく思ってしまう部分はある。魅力的なキャラクターではあるが、そこまで気が向いてしまうと少し冷めるような。

 

 

 主人公が拾った財布を盗ってしまおうとするも、友人の不純な動機で返すことになり、そこから持ち主のイケメンの男子高生とのやり取りが生まれ、と物語自体も面白そうな展開。ただ、そこから新聞をつくるという流れには、ちょっとノれない自分がいた。少しひねくれた女子高生たちが、そんな事をノリノリでやるかな、と。そこがまたアニメっぽいのかもしれないが。

 

 と、ちょっと大きめの引っかかる部分があるので決して満足したとは言えないのだが、全体的にはよく出来ていると思う。釣り堀でおじさんにお金を貸した事がラストにつながっていたり、病室で見た変なシーンも後のための重要な意味を持っていたりと、ストーリーもよく考えられている。タイトルにつながる話も、違う言い方をすることでラストまで気づかれにくくしていたのは見事だった。少し「天国と地獄」を連想してしまった。

bookcites.hatenadiary.com

 

 主人公を始めとした登場人物たちの演技も自然で良い。何となく意識しているような気がするが、主人公が釣り堀で会うおじさん(桃月庵白酒)が、まるで寅さんのようだった。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 小林啓一

 

出演 池田愛/小篠恵奈/藤原令子/高山翼/西田麻衣/渡洋史/桃月庵白酒

 

ももいろそらを

ももいろそらを

  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: Prime Video
 

ももいろそらを - Wikipedia

ももいろそらを | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com