BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「友へ チング」 2001

友へ チング(字幕版)

★★★☆☆

 

 仲良しの4人組が成長して別々の道を歩みだし、やがて悲劇的な事件が起きる。

 

 それぞれ家庭環境の違う4人の子供の頃から物語は始まる。中学で一度離れ離れになるが、高校で再開し再びつるむようになる。ヤンキー映画のようなエピソードが描かれるのだが、どれも消化不良気味。

 

 その後も色々なことが起きるのだが、全体としてどうもいまいちピンとこない。おそらくその理由は、友情を描こうとしている割にはあまり友情が描かれていない所だろう。

 

 高校時代は仲の良さは描かれているが、彼らの間に特別な絆が築かれているとは思えない。その後にいたっては、ほとんど会っていないようだし。やくざになった二人が別々の組織に属したのも、二人がそれまでにあまり交流をしておらず、互いの状況を知らなかったという証拠でもある。

 

 結局、ヤクザの息子の独りよがりだったというだけのような気がする。彼だけが友達だからというのを強調し、大事にしているという印象。葬儀屋の息子はあまり友情を大切にしているようにも見えなかった。

 

 それから4人の物語のようで、結局そのうちのやくざになった二人の物語でしかないのもピンとこない。それなら最初から二人の物語でも良かったんじゃないかと。誰の目線で描かれた物語なのかも良くわからないし。

 

 ヤクザの息子役、ユ・オソンはなかなかいい演技をしていたが、対するもうひとりのヤクザ、チャン・ドンゴンは、間をたっぷり使った思わせぶりな演技で、それがクドめの顔と相まって、まるで往年の映画スターのようでなんか笑ってしまった。

 

 そして、台詞回し役のソ・ファテが、男前でもなく、若々しさもなく、普通のおとなしいおじさんにしか見えなくて、なんで彼を起用したのか不思議だ。韓国では男前ということになっていたのだろうか。

 

監督 クァク・キョンテク

 

出演 ユ・オソン/チャン・ドンゴン/ソ・テファ/チョン・ウンテク

  

友へ チング(字幕版)

友へ チング(字幕版)

 

友へ チング - Wikipedia

友へ チング(R15+) 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

関連する作品

続編

チング 永遠の絆 (字幕版)

チング 永遠の絆 (字幕版)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com