BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「T.R.Y.」 2003

T.R.Y. トライ

★★☆☆☆

 

 20世紀初頭の上海。刑務所にいた日本人詐欺師が現地の反政府組織から協力を求められる。

 

 「冒険活劇」という言葉が似合いそうな異国情緒あふれる上海が舞台。街の雰囲気は良く出ているが、物語の入りが良くなかった。捕まった天才詐欺師が刑務所で命を狙われ、助けてくれた反政府組織に協力を頼まれるわけだが、正直どうして全面的に協力するのかが良く分からなかった。

 

 一応は、彼らの熱意にほだされて、ということになっているが、主人公はそんな熱いハートを持った奴だったっけ?と戸惑ってしまった。そういうのが全然描けていないまま、物語はどんどん進行していく。

 

 普通は物語が進むにつれてどんどん主人公に肩入れしていきたくなるものだが、この映画ではえ、そんな人だったの?という事実が次々と出てきて、親近感よりもむしろどんどん距離を感じるようになっていく。もしかしたら、得体の知れない謎めいた男ということで処理したかったのかもしれないが、それなら愛嬌のような別の面で親しみが持てるものが欲しかった。

 

 主人公たちの騙す相手は渡辺謙演じる日本の軍人。いつもの存在感のある演技で、相手役がすごいと映画が締まる、というのが良く分かる。ただ、それ以外の登場人物たちがあまり見せ場がなかったのは気の毒だった。

 

 こういう詐欺師の映画では定番の大どんでん返しが最後にあるのだが、正直そんな事ができるなら、他のやり方で反政府活動を盛り上げることが出来るんじゃないの?って思ってしまった。

 

 そしてエンディングかと思いきや、ここからさらに15分ほど続く。これが完全に蛇足だった。全然必要なかったと思うのだが、もしかしたら制作側も大どんでん返しが弱いと感じて、もうひと盛り上がりを狙ったのかもしれない。けどこのグダグダの最後の15分のおかげで、かなり印象の悪い映画となってしまっている。

 

監督 大森一樹

 

脚本 成島出

 

原作 T.R.Y.(トライ)

 

出演 織田裕二/邵兵/石橋蓮司伊武雅刀夏八木勲/ピーター・ホー/今井雅之松岡俊介/金山一彦/市原隼人松重豊

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

T.R.Y. トライ

T.R.Y. トライ

 

T.R.Y. - Wikipedia

T.R.Y. トライ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com